FC2ブログ

ラタトゥイユに挑戦

日曜日に友人宅でご馳走になった、天火で仕上げたラタトゥイユを前にして主人曰く「家ではあまり野菜を食べないよ」。ムム、何事!とちょっと腹が立ちました。彼が食べたがらないので作らなかっただけなのに。

ウン十年前に食べさせたものと同じでは面目が潰れます。ラタトゥイユには100種類以上、おそらく調理人の数と同じくらい違ったレシピがある筈ですが、自己流を試してみました。

P1020092.jpg

材料は赤ピーマン、トマト、ナス、ズッキーニと玉葱。ニンニクなどの香味料と混ぜて炒めます。ラタトゥイユの中にはトゥイエという動詞が含まれていますが、意味は正に混ぜる(かき回す)ことであります。様々な材料を好みに従って混ぜ合わせればOKという容易さです。

南仏では暑い盛りによく作る料理です。冷たくても美味しいと言いますが、やはり日本人の口には熱いほうが合うような気がします。

単なるごった煮にしないためのコツは、香りを高めるためにハーブ類を加えることだと思いますが、月桂樹、タイム、ローズマリーなど乾燥させたハーブの他に生のバジリコを加えてみました。

P1020095.jpg

効果は抜群です。バジリコはサービスする寸前に加えて、葉がソースと馴染む程度に煮る方が香りを保てます。

因みに、バジリコは春先に買えますが、注意深く手入れしていると、冬になっても室内なら葉を保ってくれます。今年はヴァカンス中に枯れてしまったので2本目を購入しましたが、これは今のところ元気一杯です。

残りの野菜はジャムを作るつもりでこってり煮込むほうが美味しいです。ジャム同様に、水は一滴も加えません。野菜が含む水だけで充分です。細火で1時間くらいゆっくり煮込んで下さい。バーベキューやローストされた肉類とよく合います。ボナペチィ!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する