FC2ブログ

ユーロヴィジョン鑑賞中

昨日が本番でしたが、実況中継は長々続くので、結果が既に判明している今晩、ユーロヴィジョンのビデオを観ています。昨晩はヴォイスの準決勝を実況で楽しみました。候補の凄い実力に驚くばかりです。

さて、ユーロヴィジョンですが、どうせ駄目だろうと思いつつ、フランス候補ビラルの前評判が良かったので、それなりに期待していました。しかしながら、ブックメーカーは当てになりません。予想通りで、中間の13位に留まりました。

ユーロヴィジョンは政治・社会情勢がらみなので、音楽だけの審判ではありません。少なくとも、そのように感じるモンペリエっ子です。少なくとも、ショーを楽しみたいと思ってビデオを観ています。

相変わらず派手ですが、コンピュータグラフィックスのお陰で、大道具類は影を潜めるようになり、素材の無駄遣いは減っていると思いました。同時に何処か似通っています。スウェーデン候補が黒人系なのも時代の成す業ですね。

衣装も以前と比べて質素になっているような気がします。フランス候補は金髪の鬘を被り、デザイナーの作品を着ているそうですが、Tシャツ姿など、非常にシンプルな衣装の候補もいます。

と言いましたが、国によっては相変わらずゴージャスですね。キプロスの候補はジョージア人だそうですが、マドナを思わせるセクシーな人です。

今、勝利したオランダの候補の歌を聴いたばかりですが、とても素敵な声です。それに目つきが格別チャーミングです。風采と衣装は極普通。ピアノの弾き語りで落ち着いた雰囲気を醸し出しました。

旧大陸のシンガーが勝利するだけで、ユーロヴィジョンが正常化しているような気になります。エキセントリックであれば良いように見えた時期が過去になるなら、それに越したことはありません。歌唱力だけで勝利が決まる世界に戻って欲しい、と願うモンペリエっ子にとって朗報です。

今フランス代表のパフォーマンスを観ました。とても見応えのある舞台でしたが、結果は13位、残念です。2年前なら優勝していたかも知れません。おデブちゃんのダンサーと耳が聞こえないダンサーとのコラボは感動を伴うものだったので、やはり???です。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する