FC2ブログ

ノートルダム寺院が燃えています…

エープリル・フールではありません。パリ時間18時50分頃に火災が発生し、パリのノートルダム寺院が火災に蝕まれています。

悲しくて、悲しくて、胸が詰まります。856歳を祝って間もないそうですが、あの美しい聖母が永遠に輝いて欲しいと思っていました。

改修工事のために、1年ほど前から足場が組み立てられ、今後20年の工事が予定されていたそうです。フランス語でMieux est l'ennemi du bien.日本語の辞書訳は「欲張る(改善を望むと言い換えます)と元も子もなくすことになる」と言っていますが、そのような罰は身に覚えが無いと言いたくなります。

かの美しい尖塔が崩れ落ちる姿は現在世界中のテレビで放送されています。ニューヨークのワールド・トレード・センターの崩壊を思い出して更に悲しくなります。

場所が場所でなければ、既にCanada Airと呼ばれる山火事用に使われる飛行機を送れたと思いますが、一時に6トンの水を撒いたら、周辺的被害も増えそうです。

迷っているうちに火災は進行し、地上の消防隊の手に負えないメガ人災になりそうです。ホースの水だけでは、とても消えそうに思えません。

このような悲劇を見て動揺する自分を見て、やはり人生の3分の2近くを過ごした国は自然に祖国になると思いました。国籍とは無関係に、魂による土着があります。
コメント

火災

モンペリエっ子様
おはよう御座います。

日本の朝のテレビでも報道されました。
フランスに行ったことがない私であっても悲しくなります。
水害や地震と違って火災の場合はその崩壊を見ていなくてはならないので余計に悲しいですね。
人が事故で一瞬に亡くなるよりも病気で徐々に亡くなる方がより悲しいのと同じ理屈でしょう。
幸いなことに骨組みは残りそうだとニュースが報じていました。

愛新覚羅

Re: 火災

愛新覚羅様

おはようございます。コメントありがとうございます。

火災は怖いですよね。我が家も一度危険に晒されたことがあるので他人事ではありません。

何より悲しかったのは、聖なるものが脅かされていると言う実感でした。

残念です!

夕刊の一面に載っています。
パリの象徴で歴史的建造物ですね。
昔、旅行で訪れた時、感動しました。
フランス革命も思い出したものでした。
修復作業中の出火とか…
一瞬にして歴史を飲み込んでしまう火。
悲しいですね。

Re: 残念です!

トンちゃん コメントありがとう!

> 一瞬にして歴史を飲み込んでしまう火。
> 悲しいですね。

母の言いぐさだけど、形あるものは壊れる。でも切ないですね。
わざと放火した訳ではないとしても、800年を超える歴史に対して、もっと注意深く行動して欲しかったと思います。
幸いにも、外壁は崩れていません。十字架も無傷だったとか。奇跡的です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する