FC2ブログ

偽の栗拾い

明日の今頃はオケの友人宅で日本人会たけなわの筈なので、今回は例外的に予約投稿に設定しておきます。今晩話題に出来なかった「偽の栗拾い」は黙殺出来ません!明日帰ってからブログ更新する元気があるかどうか不明なので(希少価値のあるウィスキーがあるとか...)当然の処置です。

今日は友人に付き添ってガンジュの街でアパートないし家探しの手伝いをして来ました。車で約45分くらいのところにある古い街ですが、とても活気があります。表向きの口実は栗拾いでしたが、何時ものように、一旦出かけると常に軌道修正を繰り返すモンペリエっ子でございます。

山道を歩けるように登山靴を持参しましたが、話が不動産の方に傾き始めたと感じたので、栗は市場で買うことにしました。閉店間際の安売りで半額サービスになっていたからです。

2キロで5ユーロ(650円)なら安いものです。いがを靴で踏みつけ、棘を気にしながら棒で栗を抉り出す苦労と比べたら安過ぎる値段でした。先ほど味見したら、すごく甘くて本当に掘り出し物でした!しばらく楽しめそうです。

さて、市場と言いましたが、ガンジュでは週に2回市場が立ちます。火曜日は野菜類、食品が主だそうですが、金曜日は衣類、雑貨、バッグなども1杯展示されています。誘惑に乗って、イタリア製の格好良いセーターを12ユーロで買いました。靴下も破格の値段で買いました。

週末から天気が悪化し、気温も急低下するそうですが、本日は夏と名残りを惜しむ機会にもなりました。エロー河の畔でピクニックしながら、袖無しトップに着替えたほどでした。

友人の物件探しは不動産屋とのコンタクトを取るだけに留まりましたが、第一歩を踏み出した友人は満足そうでした。確かにモンペリエと比べると破格の値段で家が手に入ります。

街の雰囲気も悪くないので、広いテラスか庭のある家が見つかれば、彼にとって幸いです。念願の戸外生活が実現します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する