FC2ブログ

フルートの修理

本日は朝から出かけていました。帰宅も遅く、帰って直ぐにフルートを軽く練習したので、つい今し方、ブログを読みに来て下さる皆様のサイトに様子を見に行ったばかりです。

今日の出来事を話す代わりに、先日話題にしたまま尻切れトンボになっていたフルートの修理に関するトピックを終えたいと思います。それなりに画期的な出来事でしたから。

副鼻腔炎による体調低下とともにフルートの音が悪くなりました。当然のことながら、自分のせいだと思っていろいろテクニックを見直していましたが、どうやら一番避けたいと思っていたフル-トその物の問題らしいと気付きました。

空気漏れがあり、そのせいでソ周辺の音に雑音が混じってしまうので、強く吹くと恐ろしい音になったりします。放置しておけないと判断し、修理屋に任せることにしましたが、その店の古い顧客になっている主人に交渉を任せることにしました。

何も伝が無いと後回しにされてしまいます。直ぐに、その場で問題解決してしまうには、大事にしてもらえる顧客でなければなりません。しょっちゅう楽器を買ったり売ったりしている主人は、正にThe man適任者でした。

予想通り、修理人は仕事を中断して直ぐにモンペリエっ子のフルートを診てくれました。問題解決プラス掃除、総計10分ちょっとで片付きました!おまけにロハ!

さもないと、順番を待つだけで2週間くらい待ち惚けさせられたと思います。例え、主人が楽器購入に費やす金額が馬鹿にならないものでも、このような情況では無駄になっていないと思いました(苦笑)。

主人が出かけて帰宅するまで、数時間古いフルートを使用していました。タンポ交換をしてもらってから取り扱いに注意していたので、こちらの密封性は万全だと分かりましたが、修理に送った銀製のフルートのキーの軽やかさ、滑らかさはありません。早く回収出来て本当にうれしく思っています。
コメント

それは良かった

モンペリエっ子様
おはよう御座います。

ご主人の出費が無駄にならなくて良かったですね。
やはり常連客というのは強いですね。

愛新覚羅

Re: それは良かった

愛新覚羅様

こんにちは。コメントありがとうございます。

そのような状況でしか有難いと思いません。

永久の欲求不満を抱えている人なので、何時、何を買って来るか分からないところが不気味です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する