FC2ブログ

副鼻腔炎

土曜日の夕方から喉が痛くなり、少しマシになったかと思ったら、鼻、気管支へと徐々に移行しました。相変わらず副鼻腔に問題と言うか弱点があるモンペリエっ子です。

グズグズしていると音楽活動に支障を来たすので、昨日は大雨にも拘らず医院に行って来ました。正確には2度足を運びました。

1度目は主人のしつこい助言に従って朝行きましたが、若い新人のドクターが番の時は、医院ががらがらだから早く済むと信じさせられました。勿論全く根拠の無い助言であり、待合室は満タンでした。

直ぐに家に引き返してフルート練習に励みました。日曜日からコーチゾン入りの抗炎症剤を服用しているので、まだ待つ余裕があると判断したからですが、別の作戦も練っていました。

午後は我が主治医が予約無しで診察する日なので、運試しをすることにしました。多分午後5時近くにちょっと空く時間帯がある筈と計算し、大雨のせいで人足も疎らになるかも知れないと期待して行ったところ、かなり空いていました。

持ち込んだ楽譜に目を通しながら待っていたら、ドクターが患者を見送るために出て来ました。目配せして、実は先日処方箋を貰い忘れていたのですが、副鼻腔炎になりました!と囁いたら、愛想よく直ぐに処方箋を発行してくれました。

待ち時間約10分で解決となりましたが、外に出たらもの凄い土砂降りでした。幸いにも雨用の装備を整えてあったので、水溜りにも屈せず買い物に出かけました。

言い忘れていましたが、昨日はモンペリエ到着記念日だったので、スパークリング・ワインくらい飲まないと気分的に落ち着きませんよね。抗生物質による治療は今朝からと決めてゆっくり飲みました!

体調はまあまあですが、副鼻腔炎を放置していると耳がおかしくなり、エウスタキー管の炎症を起こします。早めに治療しないと本当に厄介なことになります。

気になるのは、今年の夏にも同じ治療をしていることです。ほとんど慢性の持病に近い存在なので、付き合い方を考え直さなければなりません。多分、煙草を完全に止めることから始めなければならないのでは?決断力に欠けるモンペリエっ子です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する