FC2ブログ

練習後の感想

今晩はプチタンサンブルの練習が7時からありました。主任指揮者は不在で、副指揮者が結構丁寧に指導してくれました。

本番は主任の指揮者が来たけれど、最近ますます怒りっぽくなっているのが気になります。昨年の12月のコンサートで、彼にリュリーの鬘と杖を冗談として進呈しましたが、結果的に見ると的中していたようです。

ウィキに出ていると思いますが、リュリーは指揮している最中に癇癪を起こして、指揮に使っていた重い杖で自分の足の指を叩いて傷つけたことが原因で死んでいます。

独走されても困るので、何時か対決っぽいことが起こりそうな気がします。素人が主体のオケにコンセルヴァトワールの厳密さを導入するのは良いことですが、口のききかたに毒があると信頼を得ることは出来ませんね。

いろいろ考えさせられる観察をした宵でした。あくまで第六感に基づいた感想ですが、結構当たるので、今後より注意するつもりです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する