叱られて

先ほど帰宅しました。今晩はコンサートの本番でした。

モンペリエから40キロくらい離れた街まで仲間の車でドライブしましたが、まずそこで最初のお叱りを受けました。会長さんが心配してくれて、モンペリエっ子の到着を待っていたらしく、何時来るのと問い合わせがありました。

何時もの練習所で楽器を積み込むのですが、そこで車の無い人を拾う習慣になっているので心配してくれたようです。結果はお叱りの言葉をいただく羽目になりました。積み込みには行かないと言ってあったので、個人的には過ちを犯したとは思えませんでした。

2つ目のお叱りは、コンサート前の音合わせでドジしたら、滅多に無いほどのキツい言葉で指揮者に叱られました。本番前のストレスが原因だと思います。

そこでグッと来たのは、その後の仲間たちの優しさでした。自分がその場にいたら?と皆切なく思ったようでした。それぞれ違った表現で同情する姿を見て胸がいっぱいになりました。

敵対関係では強い性格を保てるモンペリエっ子ですが、このような優しさの波に包まれると涙が溢れそうになりました。良い環境にいると実感する機会でした。

後で思い出したことですが、3度目のお叱りもありました。到着した時はリュックサックとショッピングバッグを抱えていたので、それを椅子の後ろに置いてありました。着替えなどが入っていたので、勿論本番前に着替えてから整理する予定でしたが、世話人の一人が早く片付けろと言っていたのも、ちょっと彼自身が緊張していたせいかなと思います。

幸いにも、コンサートは大成功でした。ドジはしない方が良いけれど、やるなら練習中にと仲間の一人が言っていました!

おやすみなさい!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する