アートの露天展示

今日は年一回近所の住宅街で開催される個人宅の庭開放を観に行きました。旧市街に近い地区ですが、こんもりと樹が茂り、果樹に実が成り、花も咲き誇る庭が舞台になり、アーティストの作品が展示販売されます。

昨年はコンサートと日がダブってしまって行けませんでしたが、一昨年と比べて今年は参加者が少ないと思いました。20軒くらい参加するのが普通だったのに、10軒しか無く、おまけに雨模様だったので意気が上がりませんでした。

午後3時から霰が降る恐れありと予報されたせいか、出足も鈍ったようです。何時も一緒に行く友人と会えたので、モンペリエっ子としては大満足していますが、ちょっと寂しい雰囲気だと認めざるを得ません。

噂によると、今まで庭を開放してくれた人の中に、訪問者のマナーにウンザリした例が多いとか。分かります。躾の悪い人の数は増えるばかりですものね。アナーキスト的な態度が罷り通る世の中では、隣人同士の親しみを増す機会も脅かされます。

さて、霰ですが、ボルドー周辺では昨日大変な被害を被ったようです。ワイン製造業者が悲鳴を上げていました。幸いにも、モンペリエは無事ですが、局所的に降ることもあるので油断禁物です。

しばらく不安定な天気が続くそうです。晴れたり曇ったりは日本も同じらしいですね。雨が終ったら急に暑くなる恐れがあるので、文句も言う気になれないモンペリエっ子でございます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する