空から見たモンペリエ

数週間前の話ですが、モンペリエの上空をヘリコプターが飛び交っていました。バタバタバタバタ喧しいので何事かと思ってネットで検索したら、「宝探し」と言うヴァラエティ・ショーが再開し、その最初の都市がモンペリエだと書いてありました。地方新聞の記事です。

かくして実現された企画が昨日テレビで放送されたと誰かさんのブログで読んだので、今晩リプレイを観ることにしました。内容的には馬鹿馬鹿しい番組ですが、見慣れた場所を空から再発見する機会だと思うので、興味深く観ています。風景の美しさは期待通りです。それに加えて謎解きの面白さもあります。

よく知っているようで知らない自分の地方を、近代的な手段を用いて、他所から来た人の目を通じて発見するのは面白いですね。宝探しをするのは、他の地方から来た2人の候補です。与えられたヒントを基にして謎のカプセルを探し求めています。

一番目は海沿いの古い塩田、ヴィルヌーヴ・ドゥ・マグローヌで発見されました。2番目はピック・サン・ルウと言う結構美味しいワイン産地の葡萄畑の真っ只中に隠されていました。3番目は?

謎が複雑なので、かなり当地方を知っているはずのモンペリエっ子にとっても難題です。未知の言葉をいくつか学びました。陶器の雨樋があるなんて知りませんでした。

最後のカプセルが隠されているのはサン・ギエム・ル・デゼールの村です。由緒のある教会の周りに小さな家が密集している可愛い村はモンペリエの住人にとって憩いの場所になっています。

そこでゲームが終了する訳ではなく、最後のミステリーを解明しなければなりません。どうやらフランソワ・ラブレのことらしいのですが、ラブレはモンペリエの医学部で学生時代を過ごしています。Alcofribas Nasierというアナグラムを並べ替えるとFrancois Rabelaisになります。

番組の最中、候補は走ってばかりいるので、観ている方も息が切れます。医学部内を走り回り、松の塔の天辺まで駆け上がり、その後水道橋によじ登って鍵を見つけてから、水道塔の前にある溜池に飛び込んで宝物を見つけました。稼ぎは5000ユーロでした。

2度と見ることのない番組だと思いますが、モンペリエだから見たと言うお国自慢のモンペリエっ子でした!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する