フルートの調音

先週木曜日の練習中のことですが、副指揮者に調音について注意されたので、それ以来頭を抱えて考えています。これはフルートを習い始めてからずっと気にしている課題なので、特別目新しくありませんが、今回はまた違った目と耳で自分なりの回答を見つけようと苦労しています。

独り善がりで勝手に行動する訳にも行かないので、この際真面目に考えていますが、ピアノのように音が出来上がっていない楽器を吹く難しさを感じるひと時です。でも、それだから面白いのでしょうね。

実験好きなモンペリエっ子のことなので、様々なアングルを試し、吹き方、息の強さ、その他を変えながら音を聴いています。果てし無い努力をしているなと自分自身思いますが、今のところ面白がっていられるので良しとします。

チューナーに新しい電池を入れたばかりなので反応も敏速です。今回初めて曲を演奏する間の針の動きを観察して見ました。今までロング・トーンの練習をする時にしか点けていなかったので、未知の情報が届きます。

反省してテクニックを改良するためなら何でもする覚悟ですが、長いようで短かった7年の努力を思うと、まだこんな問題にひっかっていると悔しくもなります。でも、いずれ直面すべき問題だったので、この際とばかり踏ん張っています。

そこで思うのですが、ここ2週間ばかり、オケの知り合いたちは代わり番こにヴァカンスに出かけています。それもスエーデン、西インド諸島、オーストリアとか、かなり遠方に足を延ばしています。

彼らは新鮮な気持ちでカムバックして来ると思いますが、不在者の多い練習で弛んでしまった精気を立て直す準備を如何にするか考え中のモンペリエっ子でございます!精神的なズレを感じないで済むように何かしなければなりません。

ヴァンカンス大国フランスに住むようになって、ヴァカンスの必要とご利益を痛感するようになりましたが、病気を含め、家でやるべきことの多い日々だったので、そこまで気が回りませんでした。

出来れば、明日辺り何もしない日を設けてサボりまくりたいですね。でも、そうは問屋が卸さない!です。
コメント

チューニング

モンペリエっ子様
おはよう御座います。

フルートにもチューニングが必要なのですね。
知りませんでした。頭管部と胴管部の長さを調整して
行うのでしょうか?

愛新覚羅

Re: チューニング

愛新覚羅様

こんにちは。コメントありがとうございます。

頭管部の長さによりますが、吹き方も影響するので話が複雑になります。

呼吸も勿論重要なので、制御しなければならないファクターだらけです(汗と涙の混合)。

一生かかると予想しています!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する