2回目の治療

本日は、大雨降る中、昨日話題にした治療師に会いに行きました。昨日の感覚がとても良かったからです。

昨晩は寝る時間が近くなるにつれて足腰に少々痛みを感じ始めましたが、パラセタモールを1錠呑むだけで直ぐに治まりました。一昨日から薬も効かない状態になって眠れない夜を過ごしていたので、それと比べると大進歩だと思います。

おかげでぐっすり眠れました。それだけで治療を続ける気になりました。大雨警報下でしたが、友人に今日も車を出してもらい、無事往復できました。

この治療師(guérisseurとはヒーリング効果を有する人の総称です)のプロフィールを簡単に紹介すると、非常に淡々とした勿体ぶらない優しい人だと言えます。フランスでは滅多に無い木造の家に住み、畑を耕し、4ヘクタールほどあるトリュッフが生える樫の林を所有しているそうです。

トリュッフ探し用に訓練された犬が庭の檻に閉じ込められていました。放っておくとトリュッフを荒らされる恐れがあるので、仕方なく檻住まいを強いているそうです。

趣味以上に実行しているのは絵画です。時々展示もしているとか。帯状疱疹のせいで出会った人たちですが、彼と奥様の人柄に暖かいものを感じて惹かれるモンペリエっ子です。

往復の時間を含めて2時間ちょっとかかります。明日も行く予定ですが、重荷にならないランデヴーだと言えます。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する