火を取り除く治療師

今日は大決心をして、説明のつかない非科学的手段で治療する人に会って来ました。辞書で見ると、guérisseur=祈祷師なんて訳語も出てくるようなミステリアスな治療を施してくれます。

主な機能は火の害を取り除いてくれることであり、火傷に限らず、帯状疱疹の後遺症などにも対応してくれます。モンペリエっ子の場合は発病から日が経っているのが今一だと思いますが、かなり深刻な状態だと言われました。3日続きで治療する主義なので明日も行く予定です。

治療の仕方は手を痛いところに当てて拭き掃うような手つきをします。痛い場所にはより長い時間接触を保ちます。20分くらいさすってもらいました。日中はほとんど痛くないのですが、夜間痛くなる場所を教えての治療でした。

とても好感の持てるオジサンです。奥さんがお喋りなのに反比例するような慎ましさですが、家を出た時は足が楽になっていました。現在もうじき寝る時間が迫っているので、膝を中心にして感覚が鈍ってきましたが、痛みはまだありません。

3日続けて治療してもらう価値があると思いますので、明日も行くつもりです。昨晩は本当に寝付けない夜を過ごしたので、このような思いは出来る限り避けたいと努力するモンペリエっ子の足掻きでございます。

奇妙な体調不良に見舞われて、整体、指圧、魔術、いろいろ試すことになりました!結果は後日報告いたしますね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する