三寒四温の弛み

音楽に関しては真面目にノルマを果たし、毎日精進しているモンペリエっ子ですが、日々の健康管理に関してはちょっと自信が薄れる時期に突入しました。風邪らしきものが長引いた後、なにかしっくりしなくて困っています。暖かくなったり寒くなったりで、体も戸惑うのでしょうね。

多分同じような不定愁訴に悩む方が多いと思いますが、毎年春は嬉しいと同時に疲れを感じる厳しい時期になっています。おまけに当地では夏時間への移動もあるので、疲れたと感じる人がダブル・パンチを受ける日が待ち構えています。今年は3月25日がその日です。

そのような背景があるので、毎年サプリなどを購入して対処するようにしていますが、今年も頑張らなければと思って、本日サプリを安く売っている薬局まで足を延ばしました。

まず風邪の残りを処分するにはロイヤルゼリーで元気をつけるのが一番ですね。関節を保護するために何時も常用している薬を買いましたが、知り合いの薬剤師の助言を聞き入れてブルターニュ産の魚の骨とイラクサから抽出されたコラーゲンも試すことにしました。ビタミン一杯のサプリです。

年を取ると骨や関節が弱くなるので、心臓が止まるまで介護の必要が無いように、最後の最後まで自分の足で移動できるように注意して生きています。人に迷惑をかけないで天寿を全うすることをモットーにしているモンペリエっ子でございます。

頼れる家族がいないので当然の配慮ですが、いたとしても、自立して最後まで生きたいですね。我が母も同じことを言っていました。親友の口癖は「健康で死にたい」なので、思うに、皆同じことを望んでいるようです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する