FC2ブログ

私なりのマスタークラス

本日はフルートの先生の指図に従い、音楽院の先生にレッスンしていただきました。謙虚な先生は、自分はフルート奏者であり、教師としての経験は少ないので専門の先生に助言してもらうべきだと仰るのです。教え方の専門家に紹介してもらえたのは真に稀なチャンスであったと思います。

勿論欠点だらけであると承知していましたが、音楽院の先生は手馴れた感じで、全て細かくチェックして下さいました。姿勢、角度、指の圧力、肩の位置、フルートの掴み方、手入れに至るまで、気が付くことをどんどん教えてくれるので、あれもこれもと覚えることばかりでした。

一番大事な呼吸に関しては、腹式呼吸しているつもりでしたが、やはり完全ではないと判明し、それ以後息を吐いたり溜めたり、想像を超えるような努力を重ねています。これは今後の課題です。ひとつ気になるのは、2004年に受けた手術のせいかどうか知りませんが、お腹の動きが奇妙に見えることです。

医者に大腸が巨大だと言われましたが、そのせいなのかどうか。空気の通りが悪いように見えるのは気のせいだと良いなと思っています。筋肉が言うことを聞いてくれないと感じるのは不器用だからか。あるいは切られたからか。ハテナばかりです。

今朝はそれで緊張して早起きしたので、今晩は早々に眠るつもりでいます。昔からの癖で、何か特別なことが翌日に予定されているとよく眠れません。子供時代の遠足でさえ不眠の原因になっていたほどです。初めて会う先生との約束となると予想以上のストレスでした。

紹介してくれた恩師に恥ずかしい思いをさせないように頑張らなければと思えば思うほどぎこちなくなっていたような気がします。これは完全に少女の反応ですね。年では解決できないものってあるようです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【私なりのマスタークラ】

本日はフルートの先生の指図に従い、音楽院の先生にレッスンしていただきました。謙虚な先生は、自分はフ