FC2ブログ

ちょっと変わった母の日

昨日はフランスの「母の日」でした。日本のそれと2週間くらいずれています。

私は子供がいないので、以前うさぎが生きていた頃は、うさぎから花束とかカードが届いていたのですが、ペット無しの生活になると、最早こじつける相手もいないという訳で、何も無いひっそりとした普通の日になってしまいました。

個人的には、娘同様に可愛がってくれている元古本屋の奥様にメッセージを送り、日頃の優しい気遣いに感謝したのですが、午後になって奇妙な反応が2つありました。

一番目は既に母上を亡くしている友人たちからですが、一斉メールとして母の日を祝う言葉が着きました。何か言わないでは気が済まないという訳かなと首を傾げていたら、その次は仕事の鬼さんからの電話でした。

「母の日なのに何もしないのはなんだから、家に呑みに来いよ」と言う誘いにすっかり噴出してしまいました。主人と同じ名前の彼はbis(2番目)を自分の名前に付けてクロード2号と名乗るお茶目な人ですが、そう言われて見ると、確かに母性愛に似たものが彼に対する友情にはあると同感させられました。

既にアぺリチフを呑みに行く約束があったのですが、まあいいか、と言うわけで、パラヴァスの一軒目では控えめにし、街に帰ってからゆっくり飲むことになりました。一緒に乾杯するためなら、口実はいくらあっても良いというところです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する