FC2ブログ

ジャムの作り方

我が先生はジャム作りが好きな人です。音楽家の見かけと相異なるように見えますが、お祖母さんのエプロンの影で観察した作り方を思い出して、毎年イチゴとか杏のジャムを作っています。目的は、良質の素材を使って、市販のものより糖分控え目のものを作ることです。

練習に行ったモンペリエっ子の目の前でジャム作りが始まるので、何時の間にか惹きつけられていました。大量の果実を見ると手伝いたくなります。練習の前に実を洗ったり切ったりする手助けをしていました。本物のやり方なので、24時間砂糖漬けにして寝かせます。下準備をしてからフルート吹いていました。時には煮込み中で、灰汁を掬いながらの音楽レッスンでした。

ある日オレンジのマーマレードを作ると言って、大量のオレンジを買って来たので、一緒にインターネットでレシピの検索をしました。3通りのやり方でマーマレードを作り、一瓶もらって味見したところ本当に美味しかったことが印象に残っています。問題はどのレシピが一番美味しかったのか覚えていないことです(苦笑)。

それが脳裏に刻まれていたので、何時か農薬がついていないオレンジを見つけてマーマレード作りたいなと思っていたのですが、先日久し振りに再会した友人宅に、皮がとても香り高いオレンジが生えていました。勿論、無農薬です。

「果汁が少ないけどゼストは良い匂いがするから持って行きなさい」と数個持たされました。それ以来ジャムを作らなければと強迫観念みたいなものに苛まれています。善意でくれたものを台無しにしてはいけないと良心が咎めるのです。

果汁が少ないから、有機栽培のオレンジを見つけて補わなければなりません。今日やっと買えたので、今週末の宿題はジャム作りになりそうです。まず空き瓶を確保することから始めました(笑)。

お天気が悪いそうなので、このようなアクティヴィティに最適だと思います。成功すれば、とても美味しい料理のタネになります。ヨーグルトと混ぜたり、お菓子を焼いたり、鴨肉の甘辛仕上げに使ってみたりと、取らぬ狸の皮算用に励むモンペリエっ子であります。