FC2ブログ

夜更かしした理由

昨晩は何時の間にか時間が経っていて、気が付いたら午前1時近くでした。久し振りの夜更かしです。暑苦しい熱帯夜だからどうせ眠れないと覚悟して、それほど急がなかったからですが、もうひとつちゃんとした理由がありました。

2015年9月24日に話題にしたアルド・チッコリーニのビデオが再放送されていたのですが、自分の頭がおかしくなったのかなと思えるほどの違いがありました。あの時は眠くて、最後まで見なかったのかなといぶかっていますが、今回はアンコ-ル2曲とベートーヴェンの第7も聴きました。

ビデオが再編集されたのか、最初は早く寝てしまったのか?答えはどうでも良いことですね。10ヵ月後に観ても更に感激する内容であることを再確認しただけで十分です。

ベートーヴェンの第7交響曲は大好きなので、前回見逃していたとしたら、今回見られて本当に幸せです。カラヤン指揮のCDを持っていますが、金沢オケの生演奏は素晴らしかったので、観る価値があると思います。

テレビのオン・ドマンドのビデオは便利です。ハープシ・コード2台から4台を駆使したコンサートのビデオも観たばかりです。バッハは飽きません。ついでにアヴィニョン演劇祭の一旦として上演された「カラマーゾフ兄弟」のビデオにも気がついて見始めたのですが、なんと4時間52分続くそうなので、2,3回に分けて見るしかありません。

現在ジョゼフ・ヴェルディのレクイエムのビデオを片目で見ながら記事を書いていますが、いくら音量があっても、音楽なら騒々しく感じません。光のエフェクトを活用した舞台なので、はっきり言って見ないのは残念ですが、音だけでも十分楽しめます。

ニースの花火の惨劇に続いて、先日はキリスト教会の司祭がイスラム国を支持する輩によって暗殺される事件もあり、怖いわけではないけれど、出かける気が薄れる今日です。せめてテレビを介して綺麗な音と映像を楽しみたいと思うモンペリエっ子です。