FC2ブログ

友遠方より来る

本日は嬉しいサプライズがありました。昼過ぎに主人から外出先に電話があり、我が家の元持ち主であった友人がモンペリエに来ていると知りました。

今晩我が家でアペリチフを飲んで、その後一緒にレストランに行くと決まったので、日中の予定もそれに合わせて調整しました。6年ぶりの再会ですが、6年前に再会する前は20年近いブランクがあったので、会う頻度が増えたことになり、喜びを感じています。

彼はミュルーズで小児科の医院を開業していますが、6年前に会った時は大変お世話になりました。主人が椎間板ヘルニアで動けなくなり、コルマールの病院に2週間釘付けになっていた最中に連絡を取り合い、家族ぐるみ本当に優しくしてもらいました。友人の有難さを感じるひと時でした。

その後、彼の奥さんが先夫との間に授かった息子がモンペリエに受験しに来た時に、夕食に招待してあげて、間接的ながらちょっと恩返しした気になれましたが、その後音信不通になっていました。

私にとって友人とは、何ヶ月も、何年も、何十年も会わずにいても、会えば直ぐに昔の付き合い通りの親しさに浸れる人ですが、彼もその部類に属します。上記の義理の息子が飛び降り自殺と思われそうな状況で亡くなったと聞いてギョッとしましたが、事故死だったようです。因みに目玉焼きをフライパンに残しての投身自殺なんて奇妙ですよね。

儚いものは儚いってことでしょうね。同時に、続くべきものは何時までも続くのでしょう。新しいページが履歴に書き加えられたことになりますが、また友人に会える日を楽しみにしています。アペリチフも夕食も最高でした。