FC2ブログ

旅程の確認

本日の記事は紀行文の部類に入れましたが、模擬体験としての旅程確認についてお話しますね。友人がもうじきフランスに来るのですが、同行するお姉さんもそれほどパリを知っている訳ではないので、いろいろ用心深く探索して計画を立てています。私が出来ることはリモコン操作になります。

それでも勘違い、間違いはつきものです。お姉さんがグーグルの翻訳に頼りながら仏語サイトで最初に買った切符は、残念ながら高齢者優待カードを所有しない人には使えないものでした。それで助言して最初の切符をキャンセルしてもらい、同時に行き先もちょっと変更し、帰りはシャルル・ドゥ・ゴール空港直行にしてもらいました。もちろん同時にホテルの予約も変えて、空港近くにしました。

その後も考え続けていたお姉さんの案に従い、行きに泊まるホテルも変更となりました。オペラ座界隈よりも、エール・フランスのシャトルバスに乗ってリヨン駅の近くに行ってしまえば、モンペリエに来る時の列車にも乗りやすいであろうと考えたようです。一理ありです。直前までキャンセル可能な予約なので、その点気楽ですね。ちょっと高くついても、変更可能な予約の方が良いと再確認しています。

手間がかかりますが、家族などが来る時にまた参考にできる事情調査なので、精一杯注意しています。姪が最近結婚したばかりですが、新婚旅行は来年フランスにとか言ってくれています。どうなることか分かりませんが、その時のことも目線に置いて考え中です。

旅行は出かける前にその半分の楽しみと苦労を生きてしまうような気がしないでもありません。「思った通りだった!」と言えるような旅行準備をしてから来てもらいたいなと思っています。