FC2ブログ

今日は満月

そう思って一日注意するつもりでいましたが、朝からいろいろな用事を片付けているうちにイライラしたらしく、人に当り散らしてみたくなったようです。用事が全部終了しなかったのは、あたかも主人のせいであるかのように、厭味を言った後で後悔してみたりするうちに一日が終ろうとしています。

スタンプを注文した店では、愛想の良い経営者と感じの良い応対をしていたのですが、彼がゼロをひとつ入れ忘れたのに気付いて変更してもらうことになりました。勿論自分の非を認めているので、即座に作り直すと言ってくれたのですが、店に戻ってゴム印を貼り直す段階になって、本心が現れた感じでした。たかがゼロのために訂正しなければならないことが、まだまだアナログ思考の彼には受け入れ難いことだったようです。

「うらめしやー」とお化けになるまで行きませんが、私が彼の立場にいたら、多分同じような気持ちになったと思います。でも、ゼロと言っても、無ではないのですよね。それが厳しい現実です。特にコンピュータの世界では、ゼロであるか1であるかにより、価値が決まります。その店主曰く、「フランス語は意味の無いことを言い過ぎる。ゼロなんて無くても良いものでしょ。なのに、例えば財務大臣のスピーチだけど、マイナス成長と言ってる。これなんて言葉の遊びだね」。正にその通りだと同意しました。

夕方帰宅し、起業関係の書類もチンプンカンプンながら、なんとか一通だけ記入し、2枚目ははたと迷い、これは何事と頭を抱えてみたりしました。友人に電話して説明を求めても、職種が違うので参考になりません。そこで思ったのですが、フランスで起業するのは確かに複雑だということです。簡素化されても複雑なのは、表現方法にあるようです。日本でも多分同じ事かも知れませんが、お役所を相手にすると、官公庁式のカテゴリーと基準に慣れなければやっていけません。

満月の夜の瞑想です。