FC2ブログ

Aインフルの予防注射

金曜日のことですが、風邪薬を処方して貰うために主治医に会いに行った主人が、気になる情報を持ち帰ってきました。先週一杯ヴァカンスに出かけていた主治医ですが、話を聞いてみると予定外の旅行だったと言うのです。毎年学校の冬休みを利用して、医師のの娘たちと他の孫を引き連れてモロッコのマラケッシュに行っていた父上が、全身麻痺で釘付けになってしまい、予約がパーにならないように彼が代行したとのことでした。

ドキッとさせられたのは、その全身麻痺の理由が、どうやらAインフルに対する予防注射であったらしいと言うのです。アルファベット順で呼び出されていたので、父上と私の順番はほぼ同じ月だったと想像しています。私が接種されたのは1月20日だったので、多分その前の10日か15日頃だったのではないかと推測しています。麻痺は接種後3週間ほどで現われたそうです。今日で6週間経っているので私はセーフかなと期待していますが、最近体が強張っているような感じがするので、余計気になります。

私が2月初旬に面会した時に、医師がなんとなくソワソワしていた理由が掴めたような気がします。ヴァカンスで不在と聞いたので、父上は既に発病していたことになりますが、私には何も言いませんでした。接種に行く前に、する必要があるか電話で尋ねたのですが、ちょっと言葉を濁らせているような気がしないでもありませんでした。私自身はついでに受けておくほうが良いと決め込んでいたので、彼の躊躇いを考慮に入れませんでしたが、そのような事件が発覚する前だったので、はっきり止めろと言えなかったことを、最後に会った時に後悔していたのではないかと思います。

B肝炎の予防注射を受けた人の一部が多発性硬化症になった例を思うと、今回の接種も同じような結果を生みうるものではないかという疑惑が頭を過ぎります。日本でも同様なケースが報告されているか知りませんが、こちらでは予防キャンペーン中に様々な情報が飛び交いました。ネットでは一種のhoax現象が起こり、何を信じれば良いのかまったく見当がつかない状態が続いていました。しかしながら、人体が自己免疫を起こすほど訳が分からなくなら、今後(いい年しているのですから)、予防注射は避けるほうが無難かなと思い始めています。