FC2ブログ

白い薔薇に黄水仙

我が家のバルコニーにはチトゥの薔薇の木と名付けられたミニの薔薇が植わっています。チトゥが亡くなった日に、ミニながら大輪の花をつけていたので、棺代わりに使った靴の箱に入れてあげました。それ以来彼の木になりました。花が咲く度に彼の事を思い出します。事情を知らない方のために繰り返すと、チトゥは2代目のうさぎでした。長い闘病生活を一緒に生きて、まったく食べられなくなった時に獣医を家に呼んで安楽死させました。

ピヌーにも思い出の花を贈ってあげたくなり、昨日黄水仙を一鉢買いました。狭いバルコニーにはこの程度しか置けません。牡丹が枯れてしまったので、その鉢に植え替えておけば来春また顔を見せてくれるでしょう。鈴蘭も毎年健気に生えてきます。元々野生の黄水仙はあまり手のかからない頑丈な植物らしいです。街中の狭いバルコニーにしては雑草もたっぷり生える野生の庭に相応しいと思っています。

開花したら写真を掲載しますが、今日は春先らしいミモザでご満足いただきます。コート・ダジュールではクリスマス頃から既に開花するところもあるようです。このミモザはシャルル・ド・ゴール遊歩道に隣接する沼の畔にあります。その他に聖アンヌ教会の傍にも数本植えられていて、もう少し暖かくなると見頃です。


P1120573.jpg