FC2ブログ

蚊の駆除

今日は友人と昼食を分かつ機会があったので、帰宅は5時過ぎになりましたが、家の近くに住むジプシーの女性に呼び止められて、奇妙なお知らせに注意を集中することになりました。古くからの顔見知りなので、全く警戒する必要の無い相手です。むしろ、隣人として友好関係を保つように努力しています。

その家族は文盲ではないけれど、あまり難しい文章はお手上げと言う感じなので、一緒に読む努力をしてあげました。びっくり仰天するような内容でした。勿論、自分にとっても大事な情報だったので、正直驚きを隠せませんでした。

なんと、トラ蚊を駆除するために、明日の夜、大々的な駆虫剤散布を行うとのこと。多分近辺にトラ蚊によって媒介される感染症の例が出て、保健所が決断したのだと思います。

夜23時から朝方6時まで各地区を巡回して散布するとのこと。我が家の周辺には何時ごろに来るのか分かりませんが、要するに殺虫剤をぶっかけられたくなければ、夜は早々と帰宅するほうが無難だと理解しました。

そんなことがあり得るなんて想像だにしていなかったと言うと嘘になります。最近我が家にも蚊が侵入するようになり、近所に外付けのプールを設置した家族を白い目で眺めていました。目の保養になるような、地に埋めた素敵なプールではなく、丸いプラスティック製の水溜りに過ぎません。

清浄機も安物を買ったらしく、結構大きいプールなのに水は汚くなるばかり。大きなビニールの盥を想像すればほぼ正解です。景観は醜いとしか形容できませんが、おまけに蚊の巣になるとしたら大問題です。

殺虫剤がそこまで届くとは思えないので、市役所に相談するしかないと思いますが、この状況だと告発することになりますよね。フランス人は告発アレルギーがあるので、決心がつくかどうか分かりませんが、あらゆる面で問題の根源になっている一家に思い知らせる必要があるのは確かです。

上記のお知らせは両面印刷ですが、シクングニア、デング熱などの予防のために蚊の産卵場になる溜まり水を徹底的に減らすように助言しています。このプールの大きさを見ると、鉢の下の水溜りなんて本当の冗談ですね。

久し振りの自宅晩酌

インプラント保全のために、こちらでは1週間の抗生物質療法を処方します。手術の朝に呑み始め、正確には6日間の治療を余儀なくされますが、スペクトルが広いペニシリンによる防御策なので、体のどこかに問題があれば、ついでに治療される感じです。

ただし、副作用のリストを見ると、少なくとも1週間は自粛するべきと分かります。それで、大好きなウィスキーはお預けにして、毎日大人しくしていました。が、招待があると、そうも言っていられないので、金曜日の夜はワインとシャンペン、昨夜は鬼さん秘蔵のウィスキーをご馳走になりました。

でも、言い訳ではないですが、上等なウイスキーはそれほど嬉しくないのですね。困ったものです。呑みなれたバーボンの方が口に合うのです。

今晩は自宅でノンビリして、好きなおつまみと落花生を馬鹿食いするだけで幸福になりました。イポリットも嬉しそうにしています!それが自宅の良いところ。寛ぎに勝るもの無しってことですね。

抗生物質のせいと言えるような不具合は全く現れませんでした。逆に、休肝日が続いたので、むしろ体調は快適だと思います。

今日は、今日もですねー、いろいろやりました。音楽だけでなく、翻訳の仕事もしたし、ヴァイオリンについても基礎知識を勉強中です。全くの無知から立ち上がるために、ネットで情報を漁っていますが、子供用の教本も買いました。

Petits violonistes

これほど可愛げの無いモンペリエっ子ですが、童心に関しては通じるものがあるので買いました。親のために書かれた本なので、それなりの示唆が役に立つかも知れません。

一夜漬けで臨むヴァイオリンとの出会いですが、無知による被害・故障を起さないように精一杯注意しています。多分明日か明後日に出来上がる筈なので、時計と睨めっこしながら待ち惚けです。

自分で自分にするプレゼント!

昨日は音楽の練習をしてから、かなり遠くにあるスーパーLIDLまでキャディを引っ張って出掛けました。それと言うのも足湯が出来る器具が安く売り出されていたからです。

それもタラソテラピー用とあっては無視できません。お値段がたった2400円となると誰でも買えますよね。在庫が無くなる前に行かなければと大決心しての行脚でした。

行って見ると、まだたっぷり残っていました。月曜日に発売開始したばかりですが、足に執着する人はそれほど多くないと言うことかと思います。以下のような製品です。

Thalasso.jpg

夜になってから早速試しましたが優れものです。足が軽くなりました。硬くなった皮膚も水に浸っている内に軟化するのでケアし易くなります。

3つのプログラムがあり、1.赤外線ランプ+振動、2.暖かくなる泡風呂、3.赤外線+振動+熱+泡ですが、1番最初のプログラムが特に気に入りました。夏なので、足の火照りを治め、血液循環を良くしてくれるだけで超気持ち良かったです。

歩いた疲れが解れました!去年は普通の盥に水を溜めて足を浸していましたが、今年はやる気になれずでいました。多分冷房病の一種でしょうね。寝てから足が熱くて不快でした。

お風呂無しの生活をしていると、このようにちっぽけなアイテムでも大進歩と言えます。

今日はこれからオケの練習に行く予定なので早目の更新です!

マンモグラフィの予約

自宅隔離の最中にマンモグラフィの定期健診の案内が届きました。予約だけでも今からしておこうかなと思って電話したら、留守電の案内にコロナのせいで閉鎖中とアナウンスが入っていました。

それほど急ぐ必要も無かったので、隔離終了後しばらくしてから再度連絡し、昨日9月1日に予約が取れていました。

日が迫ってからSMSによる予約再確認も2度届いていたので、忘れる筈の無い約束であるべきでしたが、昨日はヴァイオリンのせいで動顚していたのか、直前まですっかり忘れていました。

リュート職人さんからの帰りにモノプリで買い物し、何を食べられるか考えた挙句、柔らかいサンドイッチを買いました。それと買い置きの硬い豆腐を茹でてから冷奴風に仕上げたもので昼食にしました。冷たいものだけと医師に言われていたので、お昼まで守りました。

食べて満腹するとともにホッとして、なんだか当日の任務が全て終ったような気になって、怠惰を楽しむ日にするかと胸の内で思っていると、スマホのアラームが微かに響きました。何事?と眺めるとなんと予定表が15分後のマンモグラフィの約束を思い出させているのです。

「しまった!」「どうしよう?キャンセルするか?」「いや、折角取った予約だから勿体無い。遅れ覚悟で行くしかない」と3段階の思考を数マイクロ秒で成し遂げ、屋根裏にまっしぐら。一昨年の画像を探しましたが、電気工事のせいで置き場所が変わっていて、一瞬焦りました。

大急ぎで着替えて、案内状も引っ掴みましたが、これは間違えて大腸検査の案内を持って参上しました!足早で歩くこと10分。約束の時刻より10分の遅れで済みました。

因みに、何時も遅れているのが医療関係施設に共通の特徴なので、実際に検査を受けたのは約1時間後でした。無理して飛んで行って良かったと胸を撫で下ろしました。結果も正に期待通りで、全てオーケーとのこと。また2年後に呼び出されます。フー

ちょっと不快な検査ですが、2年毎に検査してもらえるだけで安心できます。歯と胸、2日続きの病院通いを全うしたモンペリエっ子でございます。しんどい通院でしたが、終ったと思うだけで気が楽になります。

抵抗できない眠気

昨晩は10時半にダウンして、今朝7時半までぶっ続けで眠りました。滅多に無いイベントなので特記に値します。

山に行って、たっぷり太陽を浴びて大気を吸ったことが平和な眠りの理由だと思いますが、ここ4,5日よく眠れなかったので、不足していた熟睡時間を回復できました。暑いのが主な原因でしたが、夜中の騒音も馬鹿になりません。

その他に、今まで常用してきた睡眠導入剤のカットもあります。高校の親友が止めたと言っていたので、それでは私も真剣に対処するかと決めて、ここ数日薬を止めていました。

いろいろなファクターが重なって、ここ数日かなり浅い眠りで我慢していましたが、一昨日の不眠は格別でありました。それでも昨日は一日中動き回り、すっかり疲れて帰宅したので、さすがの脳も、今日はお休み!と決めたようでした。

今晩も早めに床に就いて体力回復に励みます。勿論、寝不足でも人並み以上に動き回りますが、疲れを溜めるのは良くないと意識しているので注意しています。

昨日の眠さには快いものがありました。まだ普通に眠る能力が残っていると言う安心感です。バタンキューで熟睡出来る間が華ですね。眠るとはなんと気持ち良いことなのか、久し振りに思い出しました。