FC2ブログ

就労60年記念

本日は鬼さんと主人の合同誕生祝がありました。鬼さんは主人より5歳下の78歳ですが、未だに現役として活躍する写真屋です。芸術的な写真ではなく、工業写真と呼べる実用的な撮影が主です。

時代が変わり、銀塩写真は後退しましたが、カメラはデジタルになっても、撮った写真の引き伸ばしは未だに需要があります。ドローンの出現によって市場は狭まりましたが、未だに航空写真を要求する顧客も残っています。60年間撮り続けた写真は、歴史を物語る貴重なアーカイヴでもあります。

かくして、18歳で就職してから、今年で満60年経ったと言うことで、本日の誕生祝には仕事関係の人も招かれていました。親しい友は亡くなっても、まだ仕事関係の付き合いは残っています。おかげで、結構賑やかな集まりになりました。

もう友達が残っていないから、今年が最後の誕生祝いだと言っていた鬼さんに、来年は羊の丸焼きを作ってね、と示唆しておきました。友達は少なくなっても、家族は健在です。毎年感心していますが、息子さんと孫2人が献身的なサービスをしてくれます。我が家の息子たちと比べものになりません。

今年が最後と宣言するのは、自分の健康にも自信が持てなくなっている証拠だと思いますが、また1年頑張ってもらいたいと思うモンペリエっ子です。

散々飲んで食べて満腹してからプールで涼をとり、帰宅は7時過ぎになりました。それで昨日のファンファーレの写真を処理する暇がありませんでした。明日こそと思って就寝いたします。おやすみなさい!

欲張りだと...

昨日に続き、今日もかなり忙しい日になりました。朝は結婚式の通訳として雇われていたので、仕事終了は12時頃でした。

遅いようで早く終った仕事ですが、その後ファンファーレ・フェスティヴァルの催しを観に行ったので、じょじょに疲れが溜まりました。仕事終了後、真っ直ぐ帰る代わりに、コメディ広場で立ち止まり、とても感じの良いグループの演奏を聴きました。

当然のことながら、昼食は遅くなり、家に帰ってそそくさと食事を準備し、食べ終わるや否や身支度を整えて、再度外出となりました。

朝の服装は、寒かったので、少々厚着でした。おまけに堅苦しく、お洒落過ぎました。くだけたファンファーレの雰囲気に合い、上昇した気温にも対応しているノースリーヴ姿に着替えて、気持ち良く出かけました。

初めの予定は、15時から17時くらいまでと思っていましたが、フェスティヴァルに参加している全てのファンファーレの紹介があったので、ズルズル、殆ど最後まで観ていたら18時になりました。

3時間立ちっぱなしの足は棒のように強張り、フルートを吹く時間も取れなかったので若干不満を感じていました。これで少し練習時間が取れるなら完璧と思っていたら、幸いにも交通規制に遭った主人の帰宅も遅くなり、約1時間半の練習時間も確保出来ました。

最後はクタクタでしたが、やれるだけやった!と自己満足しています。その代わりに、写真の整理をする暇はありませんでした。後日思い出話をご披露いたしますね。

明日は、恒例の鬼さんの誕生祝いがあります。ちょっと面倒臭いけれど、彼曰く、今回が最後になるそうなので、出来る限り楽しむつもりでいます。彼の息子と孫たちはとても感じの良い人達なので、会う機会が減るのは残念ですが、人生はそんなものですね。

彼が言うには、今まで参加してくれた親しい友人たちがじょじょに亡くなり、集まる甲斐が減っているとのこと。確かにその通りです。ここ数年かなりの人数が消えています。昨年は息子さん関係の友達の方が多かったような気がします。

今回の集まりは、春先から、自由な日付についてのアンケートが始まりました。覚悟を決めて最終回に挑むような気構えが感じられます。終活っぽいのが気になりますが、深く追求しないで無邪気な時間を過ごしたいと思っています。

若い子とお茶!

オケの親友エリザベットから電話があり、先日コンセルヴァトワールのピアノ科で試験に合格した娘さんと会ってお祝いしている最中だと知らせがありました。食後のコーヒーに誘われたので出て行きました。

将来のある若い人と、これからの計画について話すのは楽しいので、喜んで参加しました。彼女が小さかった時の思い出話など、親しい仲だから言えることを聞かせてもらいました。

この友人は結婚していませんが、娘2人の父親と現在まで同居して来ました。家庭内別居の典型的な例になってしまいましたが、長女が看護婦として遠い街で就職し、次女が恋人と同居するために家を出るまで、なんとか我慢して来ました。

明日、新しいアパートの鍵を貰って新生活をスタートする予定です。娘さん2人がいた間は、結論に踏み切る勇気が無かったけれど、これからは自由の身。でも、何処か寂しそうでした。

子供を育てて巣立ちさせるのは大きな喜びですが、空っぽの巣はもの凄いストレスになるようです。特に、残った同居人とは何も分ち合うものが無いとなると苦痛です。

自分だけのスペースを見つけて、新しい自己と殻を作り直すのは一仕事でしょうが、避けられない行程だと思います。これからも仲良くして、それとなく助けてあげたいなと思っています。

おまけに、娘さんが何時の間にか自分の家族の一員になったような気がして、注意深く見守っているモンペリエっ子です。人の子供もペット同様の扱い(苦笑)をしています。

新月のパンク

カレンダーによると明日が新月みたいですが、既に効果を感じているモンペリエっ子でございます。日頃の無理が溜まり、ほど良くパンク宣言をすることにしました。明日からまた膨らみますね!

やっと決心した旅行ですが、日本的に1泊2日を試みます。普段なら、移動時間が勿体無いからもう少し長く滞在できる日和を待つと言いたくなりますが、そんなこと言っていると出かけられません。緊急事態的なアピールが内面から浮き上がりました。

足掛け2日でも良いから、何処でも良いから、頭の中身を刷新して来ます。明朝8時ごろに出発して、スペイン国境に向かいます。主人の体調が順調な内に、出来る限り動きたいと思います。イポリットのお守りをしてくれる人がいないと大変です!

そのような次第で、本日は出かける前の準備に専念いたしました。まずちょっとお掃除。たっぷり音楽の練習。そして、ちょこちょこ必要なものを揃えました。これが煩雑でありながら、結構楽しみです。面倒臭いけれど、ちゃんとしておくと、到着後の生活が楽です。

これはポジティヴな面の話ですが、とんでもないハプニングもありました。昨日コンサートの会場に持参した蚊除けスプレーですが、確かに車の中でかなり暑くなりました。多分そのせいだと思いますが、旅行用のスーツケースに入れた段階で、ガスが抜けて薬剤が流れ出しました!

午後、必要なものを更に揃えて、化粧道具入れに加えようとしたら、奇妙な匂いがしました。手も濡れました。やばい!と思って原因を探したら、上記のスプレーがビチョビチョになっていました。アー、マンス(クソと言わないための日常生活用語でございます...)と叫びながら、全て清掃しました。

そのような次第で、退屈する暇の無い一日となりました。昨晩はよく眠れなかったので、今晩は早めに寝るようにします。明日、月曜日は皆様のホーム・ページ訪問する時間も更新する暇も無いかも知れませんが、火曜日の夜に帰宅予定ですのでご安心くださいませ。

息抜きに向けて

5月23日の記事「旅に出たい」で表現していた脱出の思いが実現しそうな気配です。誰もが同じような思いを抱く時期らしく、友人と相談して見ると、結構意見が一致します。

全て順調に進むなら、月曜日のお昼ご飯はスペインで食べられるかも知れません。ケセラセラで、期待し過ぎないで、日和見主義を徹底するつもりです。

とりあえず、現在は、明日のコンサートのために神経を集中しています。指揮者の取り組み方が今一であると感じますが、それはそれとして、自分は自分で、悔いの無いように振舞いたいと思います。

緊張し過ぎるのは良くないけれど、神経が弛緩するとドジの元になります。最後の最後まで、しっかり任務を果たします。

コンサート終了後の日曜日は、旅行に持って行くものを揃えなければなりません。これが、1日であろうが1週間であろうが、基礎はほぼ同じなのですね。もっと簡単に生きられないのかなと自問する機会です。

でも、それも旅の楽しみのひとつではないかと思います。あれ持っていこうか、これ忘れてはならない、とか頭の体操をするだけで日常脱出です。

出来れば4,5日出かけたいところですが、そこは問屋が卸さないですね。たった1泊2日でも、気分転換には役立ちそうです。