FC2ブログ

ヒアシンス購入

本日は翻訳の引渡しがあったので午後外出し、ついでに買い物に行って来ました。勿論日常茶飯事の枠内に入るつまらない出来事ですが、冴えない天気の慰めを求めて、手頃な値段の植物を買い求めました。

行き先は例のLIDLなので、その日毎にサプライズがあります。今日はアサツキ(ciboulettes)が気に入りました。サラダなどに入れて食べますが、鉢植えがあると便利です。

花より団子と思わないでくださいね。同時にヒアシンス3株の鉢も買いました。春を告げる香りとしてミモザと共に、とても執着している匂いなのです。それを嗅ぐだけで春になった気になるモンペリエっ子です。

今日行ったLIDLの店は家からかなり遠いのですが、友人の車で通りがかりに寄りました。モンペリエ市内にあるLIDLよりずっと広々としていて、買い物そのものがとても気持ち良くなります。

値段が良心的なのがこの上ない魅力です。普通のスーパーより20から30パーセント安くて助かります。

庶民の味方みたいな存在ですが、品揃いが独特なのも魅力です。ドイツ系の厳格さも気に入っています。店員の対応もダラダラ、グズグズしていません!フランスの逆ですね(苦笑)。

低気圧のせいで...

昨日から冴えない天気です。スペインに始まり、仏西国境近くでも多大な被害が出ているようですが、要するに南から来た低気圧が、フランス中央でどっしり腰を据えている高気圧に邪魔されて動けなくなって、その場で足踏みしながら降雨、降雪の原因になっているからです。

海辺の地域は大波に洗われ、内地は洪水を恐れる状態ですが、今までセヴェンヌ山脈現象と呼ばれていた地域的な現象が南のスペインに移動し、おまけにちょっと季節外れな出現です。

普段はあまり波が高くならない地中海なので、海辺に住む人たちは大慌てです。海が白く泡立ち、海泡石が作れそうなほどの量の泡が押し寄せて来ます。

個人的には全く問題無い環境に住んでいますが、このように前代未聞の危機に晒されている住民を見ると、この次は何が起こるのだろうと頭を傾げずにいられません。

これも地球温暖化現象の一環らしいけれど、昨日、今日とめっきり気温が下がっています。高地では積雪が甚だしいと報道されていますが、これも溶けると川の増水の原因になるので心配です。

昔と違うことは、シニアの一人として言えることですが、「恵みの雨」が減ってしまったことです。丁度良い時に降る雨が無くなり、ゼロと無限大の間をウロウロする人間になったような気がします。

文句はこの程度にして、今日は久し振りに冬らしい寒さに出会って嬉しくなったモンペリエっ子でございます!でも春の日差しが待ち遠しくなるのも事実です。

今晩は早く寝なければ!

2日続きで朝早く目が覚めるこの頃なので、ちょっと疲れ気味です。子供並みに長い睡眠を必要とするので、出来れば今晩は早く就寝するつもりでいます。

問題はあれこれ手を出して、脳がますます刺激されて、何時の間にか目が覚めてしまうのですね。今晩は11時前に寝るぞと意気込んでいても、やりたいことが思い出されて、眠気に抵抗してしまいます。

命に別状無いことなので構いませんが、仕事しながらパンチに欠けると思うこと屡です。よく眠っていたらもっとパフォーマンスが上がっていたのにとぼやきつつ、不運を呪います。

バタンキュー出来る人が本当に羨ましくなります。なんと言う省エネでしょう!特に明け方、目が覚めていて、直ぐに起きれば良いものをと思いつつ、目覚ましを見ると、あっと言う間に45分経過していたなんてことがあります。

これは正直言って悔しい出来事です。パワー回復のためになる熟睡ではなく、目が覚めているはずなのに起きられない朦朧状態とは、真に中途半端、エネルギーの無駄遣いの典型的な例になります。

今朝はなんだかんだ言いながら、8時半にコソコソ起き出して、満月からそれほど遠くないお月様の写真を撮りました。本当に写真が欲しいと言う訳ではなく、スマホの能力と比較するためです。

古いルミックスのモデルが月の撮影に向いているようなので、それを確信したかったモンペリエっ子でございます。結論は勿論予想通りでした。

このようなつまらないことでも、自分で実験しないと気が済まない性格は子供の時から同じこと。今でも諸悪、もろもろのトラブルの根源になっています。アバウト人間と自称するモンペリエっ子にとって一本やられた感じです。

今年はもっといい加減に生きなければと決意を固めています。

充実した日曜日

本日は朝早く目が覚めて、お月様の様子を見るために起き上がりました。満月に近い間に写真を撮っておきたいと思っていたので、7時半ちょっと前ならそれほど気違い沙汰でないと思ったからです。

スマホからでは上手く撮れないので、以前成功しているLumixで試したいと思っていました。結果はやはりイマイチ。特別な条件が揃わないと駄目みたいです。

実験好きな性格なので、何か思い立つと試さずにいられません(苦笑)。日曜日なのに普段よりちょっと早い起床でしたが、イポリットの籠を念入りに掃除する時間を設けることが出来ました。

午後は、小一時間音楽の練習をしてから日仏交流会に顔を出しました。新年初の集まりなので、少し呑んだくれるかと言う次第で、白ワイン1本持って参加し、4時半まで皆さまと駄弁りました。

いろいろな人と出会えるので、行く価値がある会合です。友人間で新年会開催の話も持ち上がっていました。

時間通りに頓挫して向かったのはオペラ座でした。コンセルヴァトワールと地域音楽学校が共演して、Flûte en chantier(モーツァルトの魔笛Flûte enchantéeと語呂合わせしたタイトルです)を披露しました。なかなかの出来で、コメディ、ダンスと音楽を混ぜていました。

鑑賞後、一緒に行ったオケの友人とカフェで一服しながら談話。話が弾みました。主人とイポリット相手の夕食をきちんとするために帰宅してから余裕たっぷりの宵を過ごしています。

現在、デヴィッド・ギルモアのポンペイ・コンサートのビデオを観ながらブログ更新中です。

大したことしていませんが、ヴァラエティがあったせいか、長い一日を楽しんだような気になっています。全て気の問題ですね。世界の果てまで走ることなく、心地良い気分転換になりました。

実を言うと、外出している間にデモがあり、機動隊と揉めて怪我人も出たそうです。テレビで見た主人が心配していましたが、何処吹く風と言う感じで、何にも気付かずに帰宅したモンペリエっ子でございます。

観覧車

クリスマス市と同時に設置された観覧車が気になっていました。乗りたいなと思いつつ、いい年してーとか、混んでるからーとか独り言を言って実行していませんでした。

それが、来週月曜日に遂に解体される、と知って行く気になりました。馬鹿と気違いは高い所が好き、と皮肉好きな母親が口癖のように言っていたので、考え過ぎると行けなくなりますね。でも、そんなことで怯むモンペリエっ子ではありません!

11月初めに買ったスマホの写真を披露する機会になります。1枚目は夜景です。歩きながら撮った写真ですが、広角のせいか観覧車が倒れそうに見えます。

夜の観覧車

これが今日の風景。快晴だったから乗る気になれたと感じられますよね。モンペリエの中心であるコメディ広場を上から見るのは初めてです。内陸のピック・サン・ルーを背景にしたオペラ座が奥に写っています。

観覧車

南方は遥か地中海まで見渡せますが、直線距離だと10キロくらいなので当然かも知れません。正午の太陽が眩しく、写真には上手く写らないので掲載しませんでした。

その後タイ国スナックを提供する店に入って典型的なジャンク・フードを味見しました。このような店があると知らなかったので、新発見に驚きました。屋台の料理的な雰囲気で、カウンターの後ろでジャージャー炒めていました。

観覧車6ユーロ、タイ風パスタが6,5ユーロの楽しいお出かけでした!タイ・ビールが2,5ユーロで、バーの平均価格3,5から4ユーロより安かったのが印象的でした。

短い移動でしたが、なんとなくヴァカンス気分に浸れました。日差しが気持ち良いこの頃です。