FC2ブログ

長い旅の果て

今日は普段と若干リズムが異なる日でした。朝練する代わりに、キャディを引っ張って街に繰り出しました。

買出しを纏めてする日と心決めしてあったので、忘れ物しないように注意しながら買い物に専念しました。今やっておくと後が楽になると予想しての遠征でした。

でも、たった5000歩程度の移動でした。原則として自宅から1キロメートル以内、1時間を目安にしているので、それほど大胆なオーヴァーはしたくありません。

と言っても、既に気が緩んでいる若者、もっと年上も含めて、今日は出歩く人の数が増えていると思いました。それで、余計に注意しながらの移動です。保護眼鏡をかけ、自家製ながら警戒厳重なマスクをしました!

マスクと言えば、今日大学時代の親友から厚い封筒が届きました。貴重なマスク10枚入りの紙封筒です。心が篭っているので、軽い包みながら重みがじんわり心に伝わりました。

良い友を持っているなと感じるのはまず最初の思いですが、何より感謝したのは、この貴重な包みが途中で迷子にならなったことです。長い旅、ご苦労様でした。なんと2週間近く経過していました。以前は3,4日で着いた筈の航空便ですが、コロナのおかげで時間の観念も変わります。

頑張って働いてくれている郵便配達にも感謝しながら、友に思いを馳せました。日本を出てもうじき47年になるモンペリエっ子ですが、良い友達に恵まれていることにまずびっくり仰天します。K子さん、ありがとう!

空回りする言葉

今日もじっくり、たっぷり練習に励みました。練習と言っても半分お遊び気分です。楽しいことが第一の目的なので、午前中は真面目に練習することにしてバッハ、その他のクラッシク音楽を練習しますが、午後は気の向くままと決めています。

本日はピアノ練習の後、事務関係の仕事をチェックし、それからコンサートのビデオを漁りました。現在パリのフィラルモニのサイトに自由にアクセス出来るので、もの凄い量のアーカイブを眺めることが出来ます。

正に時間が足りないほどの魅力的なアーカイブなのです。リストのピアノ協奏曲1番をちょっと楽しんでから、ダンスすることにしました。これは運動する必要に応えるために必須の努力なので、30分ほど足踏みしました!

スゥイングのステップは全く忘れていたと思ったのですが、結構記憶に残っていました。感激して、今後はもっと音楽に乗って足踏みすべきだと言う結論に至りました。無理せずに、チョコチョコ練習するのがコツだと思います。

閉じ篭り期間に限らず、今後日々の生活で実現したいプログラムだと思います。今のうちにステップを覚えておいて、流れる音楽に従って足踏みのタイプを選ぶなんて、この上ない訓練だと思います。

スポーツ・センターには全く惹かれないので、自宅でやれる訓練が一番ですよね。怠け者でも実現出来る気安さが気に入っています。

夕方はまたもやフルート。現在良い音探しに熱中しているので、手当たり次第吹きまくることにしています。音の繋がりを良くし、アーティキュレーションを改良してと、課題は一杯あります。

時には閉じ篭るのも悪くないと思います。実を言うと、孤独を癒すためにフェイスブックなどを通じていろいろな話題が回って来ますが、その虚しさにも疲れて来た今日です。空回りする言葉に耳を傾けるより、内心の欲望に注意を払うモンペリエっ子です。

電話が鳴る日

コロナ騒ぎで会えない友と家族から電話がありました。以前は親父のことなど気にしていない感じだった次男から電話があると、やはり特別な事態に入っていると実感します。

ある意味では良いことだなと思います。亡くしてしまうかも知れないと感じると、やっと目が覚めるのかも知れませんね。いろいろと注意事項を言われましたが、彼らも不安なのでしょうね。見えない敵に身震いするのは老人だけではなくなっています。

最新ニュースとしては、市場が閉鎖されるようです。戸外ながら人が集まり過ぎるからと言う理由ですが、尤もだと思います。町の中心にあるカステランヌ市場がそれに含まれるかどうか気になりますが、直ぐにではなくても時間の問題だと思います。

イタリアでの死者数が中国のそれを上回った今、フランスでの猛威も想像がつきます。国民性が奔放であればあるほど危険度が上がりますよね。

明日からまた別の日!目まぐるしく変動する世界に対応する努力をするだけでかなりの脳トレです!

モンペリエっ子の個人的メリットは、この事態を2ヶ月以上前から予期していたことですが、それでも準備は完璧と言えないものです。コロナの感染力の強さに関する認識について、過少評価の傾向があるかも知れないと反省中です。

病院関係では、腕首の手術を受ける予定だった友の予約が無期限延期になり、腐っているみたいです。術後のリハビリもあるので、予定が立てられない生活は生き難いと同情しています。

糖尿病が悪化して、生活習慣を見直すために入院治療中だった別の友が、クリニックがコロナのせいで徴用されしまったので自宅に戻っています。彼は特にコロナの犠牲になりやすい肥満体型のプロフィールなので心配しています。

先が見えない日の苦労を電話とSMSで分かち合う日でした。

弁護士と会話...

今日は久し振りに高校時代の親友と電話で駄弁りました。普段は常に駆け足のモンペリエっ子ですが、家に釘付けになったおかげで、やっと念願が叶い、昔のように好き勝手なことを言い合う時間が持てました。

音楽を始めてから仙人みたいな生活を送って来たなぁ、と反省しつつ、古い思い出に浸り、古びたデータをアップデートしていました。運が良いなと思うのは、友人が未だに懐かしい思い出を記憶していてくれて、今でもフォローしてくれていることです。昔の姿を知っているからこそ出来る支えだと感謝しています。

彼女との関係は常に相互「弁護士」でした。彼女がドジらしきものをしでかした時はモンペリエっ子が参上し、頑固なお父さん相手に情状酌量の余地を求めていました。何故か言葉が届く関係をお父さんと保っていました。

取っ付き難い人格を持つモンペリエっ子にとって、彼女は私をより「人間っぽく」見せる仲介役であったと思います。のほほんとしたお嬢さんタイプの彼女と、若くして人生の荒波に揉まれて来たモンペリエっ子との違いは天と地に例えられそうなものですが、未だに機能しているコンビです。

何があっても分かってもらえる友人が何処かに存在すると思うだけで心強くなるモンペリエっ子でございます。信じてくれる人がいると感じられることほど助けになるものはありません。

大学時代からの親友K子さんにも思いを馳せました。フランスの窮状を察して、手持ちのマスクを送ってくれるそうです。辞退しながら、気持ちだけで胸が熱くなるモンペリエっ子でした。

角砂糖の話

今日は夫婦喧嘩の絶えない日でした。朝からイライラさせられることばかりで、アアと言えばコウって感じで遣り取りがありました。

コトの始まりはコロナ対策に関する主人の意識の低さでした。テレビを見過ぎているくせに、いや、見過ぎた結果かも、何も分かっていないのですね。

昨日やっとスーパーに買い物に行くと宣言したので、それなりに買い溜めして来てくれるかと思ったら、自分が食べたい蜂蜜とワインを少々買っただけで、自分の昼食用の蓄えさえ買いませんでした。

と言うことは、モンペリエっ子がする買い物を完全に当てにして、必要不可欠なものさえ買って来なかったと言う意味です。最近自動車を換えて、「これは僕の」と子供みたいに言い張ってモンペリエっ子は自動車を使えないことになっています。

そのような気分で、現在の「鎖国寸前」ないし、半ば入り込んだ状態で、車を使用しながら、自分の食べ物さえ確保しない男って何でしょう?人間の粕かも知れません。

タイトルの角砂糖ですが、普段使い慣れているサイズが無かったので買わなかったとのこと。余計な買い溜めをする人々のせいで不足しているから、あるモノで満足するしかないと気付いていないみたいです。

因みに、店に残っていたサイズだと若干砂糖の摂り過ぎになるとか... 笑いこけて死にそうなモンペリエっ子でございます。

明日また探しに行くと言っていますが、多分見つからず、そのうち不足して、モンペリエっ子が使っている別のタイプ(店にあったもの...)を盗みに来るのでしょう。自分のものは自分用、人のものは勿論自分用です。

年が年だから仕方無いと諦めるのは優しすぎます。都合の良い時は若者だと主張し、好きなように行動しているエゴイストだからです。こんな人をどのように処理するか、解決策は知りません。

砂糖を探しながら、少なくともコロナを拾って来ないようにして欲しいものです!