FC2ブログ

マスク作成進行中

ふざけてお洒落のカテゴリーに入れてしまいましたが、現在マスクを作成中です。自分なりに便利で安全で、しかもお洒落であるモノに仕上げようと努力しています。

暑い季節が近付いているので、着け易くて気持ち良い生地を探しています。本日最初のプロトタイプを仕上げました。木綿の薄地だけでは保護が不十分なので、内部に不織布を挿入出来る様にポケット付きにしました。鼻の形にピッタリ合わせられるように上部の縁にはパイプ・クリーナーと呼ばれる毛モジャモジャの鉄線を挿入しました。

ゴムを顎の下も一周する形で入れてあるので顔にフィットします。二重顎的なダブダブ感がありません。

マスク

これが特別良いと言う訳ではありませんが、全て手縫いで考えながら作った割には時間がかかっていません。寸法に合った布切れを見つけて試したので、最高のセンスとは言えませんが、男性の気に入るようなシンプルなデザインです。本物はもっと鮮やかな白と濃紺です。

先ほど戸棚の中を探していたら、以前蚤の市で買ったエスニックな感じの巻きスカートが出て来ました。大枚2ユーロの出費をした記憶がありますが、この大きさだとマスク10枚分くらいの生地が得られます。それだけ作る時間があるかは別にして、気分的余裕が生まれました!

久し振りの蚤の市

お天気がグズグズしている今日ですが、決心して蚤の市に出かけました。初めは山よりの街クレルモンレロー辺りに行くつもりで準備していましたが、空模様に合わせて海辺を選びました。正解だったと思います。

まず初めにカストリィと言うモンペリエから程遠くない街でノンビリ散策し、素人が主な、本物の蚤の市らしい雰囲気に浸りました。ご近所さんが要らなくなったものを持ち寄る感じです。結構エレガントな薄紫系のマフラーと白いお洒落なセーターをそれぞれ2ユーロでゲットしました。

そこを12時前に離れて、海辺の町カルノン目指しました。こちらはセミ・プロが多い蚤の市ですが、素人のスタンドで14歳用の格好良いジーンズを50セントで買いました。サイズはぴったりだと家で確認しました!

母が金のなる木と呼んでいた植物の小さな鉢植えを1ユーロで売っていたので、これもちょっとセンチになって買いました。元気に育って欲しいと思います。

昼食は2時近くになってから浜辺で食べましたが、カモメが餌を求めて近寄って来ました。1羽片足無くしたのがいて、可哀想になり、優先的に餌をあげていたら、なんとほとんど手取りで食べさせることが出来ました。鳥との因縁は尽きないモンペリエっ子です。

食事中に太陽が気前良く姿を現してくれたので、言うことの無い1日となりました。昨晩飲み過ぎにならないように努力した甲斐がありました。

因みに、今朝はかなり早く起きて、手製のタートを作る時間も設けました。よってお弁当は上出来でした。海辺の空気のおかげで余計に美味しく食べられたような気がします。

このような日があるだけで、過ぎ去った日々の灰色がぴかぴかの銀色に変化しますね。

好天!

本日は好天でした。午後は閉じ篭る予定だったので、運動療法士の治療が終ってから、サプリなどの購入を目的にしてショッピング・モールまで足を延ばしました。

ポリゴーヌと言う名前のショッピング・センターはかなり古いものです。最近新装工事が始まり、かなりゴタゴタしていますが、肝心の薬局に到着したら、支払いシステムが麻痺しているので接客できませんと入り口で言われました。

工事のせいでネット接続が乱れているのかも知れません。仕方ないのでモール内を少し歩き回って靴を見てから、コメディ広場に戻りました。

実を言うと、来る途上の露天市で格好いいハーフ・ブーツを見つけたのです。昨日もブティックで物色し、ショッピング・モール内でも一瞥を投げたのですが、目ぼしい靴に出会いませんでした。

市場でもバーゲンしているので、お値段は95ユーロが50パーセント引き。ちょっと迷っている内に45ユーロで良いと言われたので、それならいいかなと思いました。まだ若い優しいお兄ちゃんが相手でしたが、仕事もよく分かっている風なので決心しました。

靴を選ぶには、まず履き易さが一番の決め手です。座り心地みたいなものがあって、足がぴったり落ち着く時の感動は言い表せません。おまけに綺麗だと、言うこと無しですね。

いくらデザインが素敵でも、足に合わなければネガティヴです。昨日ちょっと気に入ったArcheのハーフ・ブーツは、元の値段が280ユーロ。バーゲン価格は198ユーロでした。高い上に、履き心地が今一だったので諦めました。

思い通りなら、歩いても疲れない靴に出会えたと思います。おまけに結構格好いいので洒落気を顕にしているモンペリエっ子でございます。

靴は大事ですね。亡き母曰くですが、下足番は客の豊かさを、靴を見て判断していたそうです。お洒落な振りをしても、靴がお粗末だと様になりません。

短い時間でしたが、市場での買い物ですっかりリラックスしました。お天気が良いと全て楽しくなります。

衣替え開始

昨日の決断は本当に正解でした。出かける前にブログ更新を準備しておいたので余裕たっぷり。ノンビリ思う存分暴飲暴食して来ました。

5時頃から酒盛りを始めて、ビール、日本酒(岐阜の純米酒などなど)、ワインと飲み継ぎ、いろいろなものを食べました。これほど飲んで食べたのは、本当に久し振りだと思います。日本人はやはり美食家ですね。

帰宅はそれほど遅くなかったのですが、一緒に結構呑んでいた友人が車で送ってくれたので、彼女のためにハラハラしていました。予想通りに憲兵さんによる検問にぶつかり、アルコールのテストがあったら大変と慌てましたが、無事通過して帰宅しました!

今朝は冬時間に移行したので、前日より1時間遅い時刻に起きれば楽勝だったのですが、なんと以前の時刻より更に1時間遅く起きることになりました。と言うことは、8時に起床する代わりに10時に起きたことになります。ドンマイ!休めただけで勝利です。

雨が降っている上に、大した予定は無かったので、大掃除の日と決めました。家の中を綺麗にするのは、快感に近いものがあります。イポリットのケージも大掃除。滅多に無いほど神経を集中して掃除に励みました。やっと寒くなったので、靴の入れ替えもしました。

衣類はまだ整理していませんが、暖房も入れて、気分的に冬に突入しました。金曜日のお出かけでは、市場で白いセーターを買ったので、そろそろ冬服でのお洒落も気になります。買うのは小物ばかりですが、一点新調するだけで衣替えが楽しくなります。

つまらないことばかりですが、ちょっとした喜びを加えるだけで日常生活の彩りが鮮やかになります。買うのも良いけれど、片付けるのも大事ですね。

明朝はピアノの調律があるので、今晩はあまり夜更かししないように配慮いたします。おやすみなさい。

ジャン・ポール・ゴーティエの世界

今晩はジャン・ポール・ゴーティエが自身の創作活動40周年を祝って開催したショーのビデオを見ています。多数のスターを着飾った人ですが、確かにユニークなヴィジョンをプレタポルテの世界に投入したと思います。

子供時代に、男の子だから人形を貰えなくて、熊の縫い包みに衣装を作っていたとか。三つ子の魂は立派に成長して実り、独自な流派を形成しました。昔は女性がオブジェでしたが、今日は男もオブジェとして着飾られて行進しています。女性にも強いパーソナリティがあると意識して、バランスを立て直したと言っていました。

ショーに招待されている歌手やコメディアンが歌いながらショーに弾みをつけ、アーカイブの写真を見る場面もあれば、新しい衣装の紹介もありで、フォリー・ベルジェールの舞台は真に賑やかです。

それを見ながら思うのは、ますますホモが増え、トランスジェンダーらしき人も姿を現していると言う事です。全く非難している訳ではありません。現実を見つめると、そうなるだけです。

大体、カフェとかレストランのテラスの前を通ると、昔のような男女のカップルは少なくなりました。シニア世代を除くと、男男/女女の組み合わせの方が目立ちます。

そのような世界の移り変わりを象徴するようなショーでした。でも、退廃的だなんて思わないで下さいね。タブーを乗り越えて解放され、超幸せそうに見える陽気なゴーティエ氏です。

やっと自由にお人形さんごっこ出来るようになって嬉しくて仕方ない... その気持ち分かります。