FC2ブログ

大成功のクリスマス・パーティ

毎年危惧する催しですが、今年もミッションをきちんと果たし、おまけに楽しいひと時を過ごしました。家族の集まりは良いものですね。

チョコレート、ウィスキー、本と黒い毛皮風の襟巻きを貰いました。首が長いモンペリエっ子に似合うタイプの襟巻きです。暖かく優しく包んでくれるので風邪から守ってもらえそうです。

メニュはまずギリシャ名物タラマにカニを混ぜたものとダンゴウオの卵を乗せたカナペでアペリチフ。前菜はフォワグラ、生牡蠣、スモーク・サーモンでした。メインはシャポンのvin jaune煮込み。赤色の胡椒に似た粒がホウレンソウの緑の上でクリスマスツリーみたいに見えて綺麗でした。

8種類のチーズの後、デザートは2種類のビュッシュでしたが、どちらも軽いムース風で美味しく頂きました。ミカンとライチーもありました。

勿論これだけ食べると明らかに食べ過ぎになりますが、8人の会食者がそれぞれ少量を口にするので、休み休みだと飽きずに食べ続けられます。3時間くらい食卓についていました!

飲み物はアペリチフにボルドーのクレマンのローゼ、シャポンとチーズはオー・メドックの赤、デザートにシャンペンを飲みました。食べながら呑むので悪酔することもなく、スッキリした仕上がりでした!

クリスマスにちょっと贅沢な雰囲気を味わうのも余興のひとつかなと思います。宗教的な意味から離れたことですが、普段と違う日にしたいと言う思いは共通しています。

クリスマス・イヴ

主人と2人だけのクリスマス・イヴですが、ちゃんと美味しい食事も用意しました。伝統的なメニュにはしませんでしたが、しっかり、たっぷり、思う存分美味しく思えるものを頂きました。平和なひと時を過ごせることに感謝するのみです。

明日のお昼は息子の家で伝統的なメニュですが、モンペリエっ子の貢献はフォワグラ、天然スモーク・サーモンと生牡蠣、プラスおつまみのカナペとバゲット・パンです。ワインも持って行く予定です。

常に食べ過ぎになる時期なので要注意。でも、今晩食べた生牡蠣は新鮮そうでした。ルーレット遊びみたいなもので、当たる時は当たります(苦笑)が、一年に一度の冒険なので目を瞑ります。

お祭り騒ぎが早く過ぎて落ち着きたいと思いますが、済むとまた空白感もありそうなので、今のうちに楽しめるだけ楽しんでおきます。光陰矢のごとし。家族が揃って集まれるだけで幸せだと思います。

今日は親戚、友人関係にも電話で話す時間を設けましたが、1件で30分も掛かってしまうので多数は呼べませんでした。心当たりのある方、新年になる前にまた電話する機会を探しますね。

明日も良い一日になりますように!

忘年会

長いこと機会が無かった忘年会ですが、昨年から積極的な日本人の知り合いが増えて、今年も忘年会に誘ってもらいました。やって見ると、本当に楽しいなと思います。無い間、無いことにさえ気が付いていなかったけれど、やり始めると癖になりそうです。

会場になった友人宅にはバスで行けますが、まだるっこしくて歩いて行くことにしました。せっせと歩けば40分未満で行ける距離です。初回の訪問だったので、地図を見たり、躊躇ったりしている内に45分経っていましたが、運動にもなるので快適でした。

何を持参するか考えて、ゆかりと梅干入りの海苔を巻いたおにぎりと出し巻きを作りました。知り合いに貰った生海苔があったので、直前に焼いて香ばしい匂いにうっとりしました。

外国に住んでいると、このように些細なことでも食欲が増進します。因みに、普段は韓国産の焼き海苔を食べています。それなりに美味しいけれど、海苔が火に焦げる匂いは別物です。

小学校の遠足みたいだなと思いつつおにぎりにしたのは、誘ってくれた友人がアヴォカド・アレルギーがあり、海苔巻きにする中味のひとつなので、今日は避けることにしました。自分で言うのも何ですが、美味しいおにぎりでした!

出し巻きは以前から試したいと思っていた四角のフライパンで作りました。セラミック加工がしてあるので、油分無しで玉子焼きが出来る代物です。お陰様で、バームクーフェン的な出し巻きを作れました。次回はもっと美味しく仕上げるつもりで、既に思考中です(笑)が、結構成功していたと思います。

友人たちはモンペリエっ子以上の努力をしていて、到着したらたこ焼き準備中でした。30個同時に焼ける見事な器具は日本で買って来たそうです。鍋物の具も沢山用意されていて舌なめずりしたくなるほどでした。

皆さん持ち寄りのサラダ、サンドイッチ、チャーシュー、玉子焼きなどなど、一杯あって嬉しくなりました。久し振りのお餅も食べさせてもらえたので大満足でした。

友人が迎えに来てくれたので、うどん鋤まで食べる時間はありませんでしたが、ノンビリ、たっぷり日本の味を楽しませてもらいました。日本人の友人相手の宴会は何時もSo good!です。

最後になりましたが、自分よりずっと若い人に囲まれてワイワイやるのは本当に最高だなと思います。亡き母も老人ホームなんて真っ平御免と言っていました。

クリスマスのご馳走

そろそろクリスマス用の食品を買い集めていますが、全く確信無しの作業です。個人的には、その当日に手に入れる生鮮食品で適当に賄うのが一番賢いと思いますが、伝統の国フランスではあれとこれとそれも無いとお粗末だと考える傾向があります。

スタンダードな食品を買い集めて食卓に並べ、これぞ正にクリスマスと自己満足する感じです。フォワグラ、スモーク・サーモン、生牡蠣、オマール海老などなど、中には本当に美味しくないものも混じっていますが、あれば満足と言う感じです。

一年に一度の雑役ですが、家族と集う機会なので、笑顔で対応するように努力しているモンペリエっ子です。大きくなった孫たちには現金をあげるだけ。大人同士でささやかなプレゼントをする習慣になっていますが、これが結構面倒です。

昨日、嫁さん用に可愛い襟巻きを見つけたのですが、友人がモンペリエっ子のクリスマスプレゼントのひとつとして買ってくれたので、また何か別に見つけなければなりません。

何かあげても、本当に気に入っているのかどうか確認できないので判断に困ります。実を言うと、昨年もらったウィスキーにまだ手をつけていません。バーボン好きなので、スコッチだと12年ものでも誘惑されません。

普段呑むには上等過ぎる感じがし、最近滅多に人が来ないので、一年経った今、酒蔵の飾りになったままです。多分、息子一家も同じような気持ちで準備に勤しんでいるのでしょうね。

モンペリエっ子の父方の親戚は合理的でした。お年玉は不公平だから廃止。余計なプレゼントをし合うより、美味しい食べ物を持ち寄りで一緒に騒ぐ方が楽しいと決めていました。大昔の話なので本当にドライな考え方でした。

お年玉は不公平と言うのは、子供が5人いる家庭に1人しか息子がいない叔父さんが5人分のお年玉を持って行くとすると、確かに不公平でした。相手の立場を察する賢い提案だったと思います。

もうひとつ教えてあげたいのは、自分のささやかな手段で大人にお返しのプレゼントをする態度だと思います。受け取ると同時に、与える喜びを教えないと、将来のためにならないと思うのですが、その辺の教育はイマイチです。

ブラック・フライデー騒動

まず昨晩の報告から始めると、近所のAGORAダンス・センターのイリュミネーションをオケの練習前に観に行ったのは正解でした。とても素敵なビデオ3本見て、乗り乗り気分で練習に向かいました。これで全部観たことになります。

何時もは練習が始まる30分くらい前に着いて、退屈凌ぎに仲間と駄弁っています。今回は一本遅いトラムが遅れていたので、集合時刻ギリギリに着くと同時に練習が始まり、息つく暇無しでした!2時間丸々吹くことになったので、練習前のスタンバイの疲れ無しも良いなと思いました。

今朝はおかげですっかり疲れていたらしく、9時近くに起床しました。本日は運動療法士が休暇を取っているので、正にヴァカンス気分です。時にはノロノロ身支度するのも悪くないと思います。退職した自由な身分であることを忘れてはなりません(苦笑)。

午後3時まで、何時ものように音楽練習のノルマを(反省しつつ...)楽しく果たし、午後は買い物と決めていました。昨日は粗食だったので、今日こそ美味しいものを食べたいと思っていたら、美味しそうなロースト・ビーフを特売で見つけました!

真似事のブラック・フライデーの余波らしく、いろいろな特売品が目につきました。アメリカ発端の過剰消費反対のデモが行われていたようですが、庶民としては安売り大歓迎です。堅苦しいことは言わないで、掘り出し物を見つける喜びを味わいました。

夕方オケの親友エリザベットと映画に行く約束が出来ていたのですが、美味しそうなロースト・ビーフの塊を見て、今宵も独りで食事する羽目になる主人とイポリットのことを思うと出掛ける気になれませんでした。

よって映画に行く予定はキャンセルにし、マッシュポテトとロースト・ビーフ、サラダを満喫しました。保存してあったGigondasのワインを飲む機会だと主人が言うので、今晩は結構上等な成熟ワインも楽しみました。

つまらないことですが、時にはノンビリすることが最高の贅沢であるように思えます。衝動買いではない小さな幸せに乾杯!です。