FC2ブログ

航海に似た日々

前回外出した日付を調べたら27日でした。それから今日まで丸4日間閉じ篭っていました。

感染が怖いからと言うより、一応必要なものが揃っているので次の纏め買いまで余裕があるからです。毎日ちゃんとした食事を摂れているのは買い物計画をしっかり立てているから。多分明後日外出するつもりなので、それまでに買い物リストを纏めます。

現在の生活は海洋を横断する船のようなものです。いえ、スペース・シャトルかも知れません。準備したものにしか手が届かないので、こんなものとって置いても仕方ないなと思っていた雑貨が結構役に立っていたりします。

昔病院でもらった特殊なティッシュを使ってマスクを作成しました。ガーゼと違って密な材質なのでバリヤーになりそうです。それも厚重ねしています(苦笑)。必要は発明の母。手元にあるものでやりぬく精神です。

船の中と同様に娯楽は適度に見つけています。モンペリエっ子の場合はそれほど退屈する暇がありません。幸いにも場所と設備があるので、お隣迷惑を忘れて、一日中フルート、ピアノとハーモニカに専念しています。

昨日からダンスも始めたのでバランスが良くなりました。動かないでいると眩暈がしたりするようになるので注意する必要があります。それは踊りながら思いました。普段は平気でクルクル回っているモンペリエっ子ですが、踊り始めはちょっとフラフラしていたみたいです。

おかげで歩数が少しだけ増えました!因みに、家の中では必ずしもスマホを持ち歩かないので現実以下ですが、毎日知らず知らず2000歩近く歩いています。30分でもダンスすると、それが4000歩以上になります。慣れたら時間を増やす予定なので、今後は少なくとも6000歩くらいになりそうと期待しています。

脚の筋肉が緩まないように、これからも訓練を重ねる予定です。長い戦いになりそうなので気も緩ませないで対処するつもりです。

閉じ篭りの一日

今日は外出しない日と決めたので、朝からノンビリ自分の世話に取り組みました。髪を洗ったり、きちんとアイ・メークアップしてから音楽を楽しみました。

けじめをつける感じで、身だしなみには常に気をつけています。背骨をシャキッとさせるだけで心構えが変わるから不思議です。

音楽練習に関しては、隣人にとっては迷惑かも知れませんが、苦情が無いので良しと看做しています。朝は静かなクラッシック系の音楽を優先するようにしています。定番はJ,Sバッハのソナタ4番と5番です。その後好きな曲を思いつくまま吹きまくります。

ここ数日、ベリニのカスタ・ディヴァをよく吹いています。アヴェ・マリアもいくつか吹きますが、どちらも祈りが込められた曲だと思うからです。ささくれた心に届くなら幸いです。

お出かけは大好きですが、コロナ騒ぎのせいで、出る時はそれなりに神経を集中するので疲れます。装備を整えたり消毒したり。回りに注意しながら必要なものを忘れないように努力します。

外にいるのは楽しい瞬間でもありますが、長居しない方が良い場所なので脚を急ぎます。この次のお出かけは多分火曜日になると思います。それまで命の洗濯に勤しみます。

昼食後にピアノを練習し、午後は再度フルートを吹きましたが、今日は保存しておいたスィングの楽譜があったので、初見で吹く練習に励みました。とてもためになる訓練です。以前より正確なレクチャーが出来るようになりました!

自主的隔離の良い面かなと思いますが、社会生活が無いのは寂しい限りです。疫病の出口が見えない今日なので、しばらく辛抱しなければなりません。ソロも良いけれど、デュエットはもっと素敵であり、オーケストラは力が漲ります。

本番無しのリハーサル

今日はヴェルディのオペラ・ブッフ「ファルスタッフ」の実演前の公開リハーサルを観て来ました。招待券を貰って楽しみにしていたのですが、生憎のコロナ騒ぎで、開幕40分前に中止と知らせがありました。

悔しがりながらピアノの練習をしていたら、開幕時刻であった14時丁度に再度連絡があり、予行演習決行と知りました。急いで駆けつけて、オケが音合わせしている最中の到着となりました。幸いにもオペラ座は徒歩10分未満の距離です。

絶望のエネルギーと呼べるかも知れません。普段なら、本番ではないので声を節約していたかも知れない歌手たちが、会場の壁を震わせそうな声を張り上げて歌い、交響楽団も熱演していました。双方の息が合っていたこと!本当に素晴らしいコンサートでした。

椿姫、カルメン、トスカなどと比べて滅多に無い製作なので、本当に行って良かった!と思うイベントでしたが、モンペリエの交響楽団もコロナ騒ぎを受けてヴァカンスを強いられます。4月15日まで失業だそうです。最終回に参加出来て良かったと再度感激しています。

そこまでする必要があるのか分かりませんが、病院が対応出来る範囲内にコロナ蔓延を抑えようとするなら、学校閉鎖と100人以上の集会禁止しか無いようです。

さて、内輪の話ですが、先週オケの練習に行きたくないと思った理由のひとつである親友が、コロナに感染している可能性があると分かりました。彼女に会いたくないと思ったのは虫の知らせかも?

彼女は頑丈なので抵抗しているかも知れませんが、か弱い取り巻きはコロッと逝くかも知れませんよね。一見健康な保菌者ほど性質の悪いものはありません。

とりあえず、静かな環境でやりたいことをやっていれば気楽な人生と言えそうです。コロナを利用して命の洗濯に励むつもりのモンペリエっ子でございます。


数日後の後記ですが、ジェネラルのスタンディング・オーベーションの最中に撮った写真をやっとアップする時間が持てました!ご覧下さい。

Falstaff.jpg

コンサートはキャンセル!

コロナの余波が続いています。月曜日からフランス全土の学校が閉鎖になるそうなので、当然の結果として22日と28日のコンサートがキャンセルになりました。

今からはっきり言ってもらえると、個人的には助かります。努力する量を適度に変えて、必要な部分にエネルギーを投入出来るからです。

今日も先生とオケ以外のレパートリーの練習に励みました。いずれ血と成り肉と成り、オケのためにもなる努力ですが、意味無く繰り返すより、新鮮な素材で楽しみたいモンペリエっ子です。

オケの首脳陣は如何にして雰囲気を盛り上げるか頭を痛めている模様ですが、問題解決は時に委ねるしかないと思います。しばらく顔を合わせないでいれば、再会がより新鮮になると期待しています。

我が家では月末から電気工事が予定されているので、ある意味では助かります。溜まった疲れを追い払い、工事現場の監督と言うか、片付けの手配をしなければなりません。

断捨離をする絶好の機会なので、主人の助けも求めて、屋根裏をクリーンにしたいと思っています。もしマコン行きが実現していたら、30日しか気分的に暇と看做せる時間がありませんでした。これは短過ぎます。

かなりきついバス旅行で、片道6時間近くかけて土日で往復するなんて、ちょっと面倒臭いなと思い始めていた時なので、あまり文句を言う気になれません。もっと暇な時に再企画してもらえたらと思っています。因みに、前回マコンまでバス旅行した時はずっと居眠りしていました!

神様の思し召しだと思って、天命に素直に従う気分になっているモンペリエっ子でございます。いずれにせよ、退屈する暇無しの日々が待ち構えています。

コロナの余波

前々から予想していたことですが、夕方のテレビ・ニュースでモンペリエ周辺の学区での学級閉鎖が宣言されました。オケが所属するジャクーの町も例外に漏れず、明日の夜、中学校の校舎でする予定だった練習がキャンセルになりました。

中学校で練習するのは、現在市町村選挙の真っ最中で、普段使用しているジャック・プレヴェール・ホールが使えないからです。同時に中学生のコーラスとコラボするので、彼らの学校が練習場に指定された訳です。

このままだと、22日に予定されているコンサートそのものも風前の灯火です。多分28日のマコン行きも同時にキャンセルになるのではないかと想像しています。

個人的にはそれほど困惑していません。当然の成り行きだと思うからです。

唯一の出来ることは自分自身の健康に留意して生き残ることですね。最新情報によると、イタリアの死者の年齢が日々低下し、初めは80歳以上の老人ばかりだったのに対して、今は40から50代の犠牲者が出てきているらしいです。

先週の練習にも乗り気でなかったモンペリエっ子としては、この際閉じ篭り期間に突入するしかありません。幸いにも自己練習用の曲を一杯用意してあるので退屈する暇は無さそうです。

3月末から電気配線の工事を予定しているので、その下準備(掃除と片付けモノ...)に専念する時間が持てそうです。