豪雨警報解除

こんばんは!今日もこれからオケの練習ですが、昨日からだらだら続いている大雨警報は午後9時に終了するとのこと。

しとしと小雨が降っているようなので、ちゃんと傘を持って出かけます。予報は予報。適度に自分で判断するしかないですね。

最近の天候は予想し難いものがあります。雨は嫌いでも、乾ききっている大地を見ると、しとしと降ってくれるなら文句言えないと思います。

では、行って来ます!

イポリットのコンサート!

今日は大雨と予報されていたので、一日中家で音楽をやる日にしました。実際にはほとんど降らなかったのですが、時々シトシト湿っぽかったので、老いた骨を労わる日と決めました。湿気は苦手なモンペリエっ子です。

その間イポリットはとても大人しくしていて、喚くことも無く、本当に可愛い傍聴人と言う感じでした。ピアノを弾くと一番近い止まり木に乗って聴いているように見えました。時々気に入った曲があるとはしゃぐのが面白くて、何度かダカンのCoucouカッコウを弾いてあげました。テンポが気に入っているみたいで、これを聴くとピーピー伴奏します。

その後散々フルートを吹いて、これでもかと言うほど聞かせたせいか、今晩は彼が主役でソロのショーを展開しています。一生懸命歌うので「イポリット!上手いね!」とか囃していましたが、さすがに疲れたらしく現在お休み中です。これは誤解でした。テレビで音楽が始まると直ぐにコンサート再開です。

イポリットの叫びは2種類あり、文句を言うために喚く時と、雄叫び的に誘惑と自己主張する時に分かれています。前者は不快ですが、幸いにもそれほど頻繁ではありません。何かが怖くて喚くこともあるので、空が見えないように配慮すると泣き止みます。

後者は一番よくあることで、言える限りの台詞をまくし立てながら歌います。最近は音楽を歌いたいのだと相手が分かるほど意図が明白です。僕だって音楽やれるんだよ!と叫んでいるイポリットです。口笛でメロディを奏でる努力はじょじょに実りつつあるので、近いうちにまた録音しなければと思います。

11月11日の第二次世界大戦終戦記念日が近付いていますが、イポリットにまたマルセイエーズをたっぷり聞かせる機会になります。国歌が気に入っているらしく、歌おうと苦労している様子が窺えますが、難しいらしくて高音域に上りきれないみたいです。今年こそ覚えてもらわなければなりません!

血液検査

一年に一度くらいの頻度で血液検査を実行したいと思っています。食生活が乱れることによる異常だけでなく、何処かに炎症が起きていれば数値として現れるからです。それと尿検査も大事ですね。自己診断で、どの程度のリスクがあるか判断できます。

こちらでは人間ドック的な仕組みは無いので、自分自身で健康診断らしきものを企画する必要があります。医療は十分施されていると思いますが、予防は限られた傷病に関して行われるだけで、自覚症状が無ければ見逃されてしまう例も多いと言えます。

思うに、「主治医」と言えど、たった15分ほどの面談であなたの体の全てを理解できるとは思えませんよね。こちらが上手くヒントを与えて危険ゾーンに導かないと、占師ではない限り、表面的な観察に留まって当然です。

たとえ、ここがヘンだと示唆しても、医師が即座に行動に移るとは言えません。知り合いの1人が癌で亡くなったばかりですが、前立腺がちょっと問題と医師に伝えたにも拘らず、もう少し待っても大丈夫と言われて治療を延期した結果でした。時には医者に迫って行動を強いる必要があります。

特別何か恐れている訳ではなく、医者に何か言われる前に自分で状況を把握しておきたいと思って定期的に検査しているモンペリエっ子ですが、今日は特別なハプニングがありました!

長年通っているラボが吸収合併されて住所が変ったのです。距離的にはたった150メートル程度の移動ですが、大規模な組織に再編成され、待合室も待ち時間も拡大されました。おまけに昨日閉まっていたせいか、なんと15人も待っていました。

待つのが大嫌いなモンペリエっ子なので、勿論イライラ。ストレスが検査結果に現れるかも知れないと気になるほどでした。

そこで思ったのですが、今まで如何に幸せな身分であったかと言うことです。知り合いのオーナーと従業員に囲まれて世間話をしながら、長くて30分で用が済んでいました。今日行った新ラボは病院的な隔たりと冷ややかさがありました。

採血したオバサンに聞いたことですが、この新ラボは120のラボが一体化された企業だとか。末恐ろしくなります。勿論、自動的に血液検査をする機械に関する翻訳と通訳の仕事を通じて、近い未来に小ラボは消え去ると予感していたのですが、こうして自分のラボが消えるとショックです。

一年に一度のつもりでいる血液検査ですが、この新環境を見ると、続けて行く気が半減するような気がします。小ラボにあった信頼関係が懐かしいモンペリエっ子でございます。生産性のために無くすものが多過ぎますね。

カンツォーネ

昨晩はブログ更新しながらイタリアの歌曲カンツォーネの回顧番組のビデオを見ていました。見ていたと言うより、聴いていたと言う方が正解ですが、適度に字幕に目をやり、ああ、こんな意味なんだ!とようやく理解していたモンペリエっ子です。

イタリア語とフランス語は、似ているようで違うので、大体は想像がついても、細かいところは全く意味を理解していなかったと気付きます。ただし、万国共通のラヴ・ソングが多いので、凡その意味は理解していただけでした。

字幕によって細かい説明をようやく受けて、なるほど!と感慨深い思いでした。そして懐かしさに満たされます。これは形容し難いものがあります。若き日に何度も聴いて、いい歌だなと意味も分からないまま思っていた曲が、今でも同じ魅力で迫って来ます。カンツォーネの力だと思います。

アンジェロ・ブランデュアルディの顔も久し振りに見ました。もう一度、ちゃんと画面を見ながら見直す価値があるかも知れません。このような機会は当面無いと思うので、ビデオが消える前に、もう一度トライしてみたいと考えています。

さて、今日の日課ですが、相変わらず音楽の練習に励みました。隣人にとって傍迷惑かも知れませんが、現在進歩していると感じられるので精一杯励んでいるモンペリエっ子です。

明朝は早起き出来るなら、血液と尿の検査に行きたいと思っています。年に一度、真面目に自分の健康に留意する機会です。寝不足にならないように、今晩は早く眠るつもりです。おやすみなさい!

またもや蚤の市

フランス南西部では海水浴する人も出るような高温を記録したようですが、ここモンペリエでは、海から吹く風ののせいで半分曇り空でした。午前中は風が肌寒く感じられることもありましたが、最終的には24度まで上がりました。暑からず寒からずで、蚤の市を回るには最適のお天気でした。

これと言った収穫はありませんでしたが、気になっていた鍋置きを2個と太陽時計1個を買いました。先日くず鉄商で只で手に入れた鉄製のテーブル脚に載せるプレートにするためです。

3つも買ってしまったので、置き場所に困ることを除くと安い買い物ばかり(50セントから2ユーロ…)なので問題ありません。実を言えば、まだ本当に気に入ったものが見つかっていないような気がします。無いもの探しの写真をご覧下さい。

上記の記事を書いてから、2ヶ月位前に蚤の市で見つけた角型のお皿があることを思い出して試して見たところ結構マッチしていますが、まだ不満…

Assiette en verre

言い換えると、テーブル用にはまだ探し続ける気でいます!ちょっと目的がある方が歩き回る時にやる気が出ますね。何時か理想のオブジェに出会うと思うと楽しみです。

今日買ったものは、本当の鍋置きに使うことになりそうですが、現在家で使用しているものは便利であることに変わりないけれど、本当に古ぼけて薄汚くなっています。お客様の前でテーブルに出せるような代物ではありません。

コルク製なのでイポリットの攻撃を受けて縁はボロボロ、染みだらけです。友人を食事に招待する時に出して恥にならない鍋置きが見つかった今、お客様があっても困りませんね!

今日の買い物

太陽時計は昔から欲しいなと思いつつ買っていませんでした。と言うのは、アパート住まいだと使い物にならないからです。でも1ユーロで石製のが見つかると、古い欲求不満を晴らしたくなりますよね(苦笑)。かくして、計8ユーロ=約1000円の投資で十分遊んだ気がします。言い忘れていましたが、新品同様のハンドバッグと長袖のトップも買いました!