FC2ブログ

フィッシングの仕業?

今日は先生のパソコンのせいで、かなりの時間を費やしました。画面にウィンドウズの安全のために貴方のパソコンをロックしたと言う表示が出て何も出来なくなるタイプです。

以下の番号に電話して指示を受けて下さいと言うので電話して見ました。実は今回が初めてではなく、既に1回ブロックされて電話で解除できたという経緯があったので、仕方無いと判断しました。

前回は全くお金の請求が無かったので安心していたのですが、今日は違ったスピーチで迎えられました。2度目ならかなり重大な問題がある。深い検索をして問題解決するにはエキスパートの助けが必要であると言うのが要旨でした。

専門用語を並べ立て、それもレッスンをお浚いしている感じなのが不快でした。上等なパソコンだし、これから10年は持つからきちんと修理すべきだと話を進めるので、いくらかかるの?と訊くと、なんと327ユーロ請求していました!パソコンは確か600ユーロくらいしたので、その半額以上を要求されています。

これはどうやらフィッシングの一種だろうと想像したので口調を変え、スクリーンの写真を撮って警察に送ると言ったら、高飛車にもうアテンドしてあげないから、今後電話しても答えないと言い始めました。

慌てる先生を宥め、電話での交渉はそこで止めることにして、次の対策を考えることにしました。私が詐欺だと言って怒ったので、先生が電話を代わったら、237ユーロまで値下げになったと言うのが滑稽でした。

カード支払いしか認めないから番号を教えろと言う相手を信頼するなんて考えられませんが、先生はほとんど払う気になっていたのが不思議でした。

買い物に連れて行ってもらう約束があったので出掛けましたが、おかげで遅い帰宅になりました。おまけに不消化なものが残る出来事でした。

数時間後の今になって思うことですが、最初のブロックと電話による解除は、より安心させるために敷いた伏線だったのかも知れませんね。

今後の課題は如何にして遠隔操作のためにインストールされてしまったアプリケーションを取り除くかですが、これは専門家に任せた方が無難と言うことで、明日入院(笑)です。

バナナの皮の効果

8月20日の記事「バナナとコーヒー」で話題にしたバナナの皮の効果が出ています。

全然実が成らないまま夏を終えようとしていた苺に花がさき、実が大きくなりつつあります。後ろに見える小型の薔薇の木にも葉が生えて来ました。丸坊主になっていたので喜んでいます。

苺と薔薇

苺は日々赤みを増し、美味しそうに見えますが、木苺と交配した品種シャーロットは市場では買えない甘味を持っています。ブーゲンビリアにも花らしいものが姿を現していますが、まだ小さくて様になりません。後日美しい姿をお目にかけたいと思っています。

苺の成長

今晩は短い更新ですが、ちょっと難しい映画を観ているので目が離せません!では、おやすみなさーい。

日曜日の訪問者

今日は日曜日なのでゆっくりする日です。鈍いスタートを切って、11時半頃、洗った髪が乾いてから徐々に活動開始しました。休肝日ではなく休頭日です(笑)。

と言いつつ、習性は相変わらずですね。やりたいことが次々に念頭に浮かび、昼食後は楽器の選択に困っていました。

まだまだヘタどころか、全くの初心者であるヴァイオリンが気になってならないのですね。なんとかなるか知りたくて、手に取る時間が欲しくてたまりません。馴染むためには、頻繁に、短くても良いから、手にとって鳴らしてみる時間が必要です。

誘惑に抵抗しつつ、まずピアノの練習から始めました。これは指の体操みたいなものなので、全ての活動のためのウォーミング・アップとして役に立ちます。

それからフルートの練習もしましたが、これは楽しみのためと言うより、オケのレパートリーを準備するためでした。今週は練習に行くつもりなので、2週間欠席した分も勉強しておく方が無難です。

そこでやっと気分的な余裕が出来て、恐る恐るヴァイオリンに触る勇気を得ましたが、その間今日のトピックになる出来事がありました。

自分のエゴに吸収された感じのモンペリエっ子の家に突然の訪問がありました。それも突飛なお願いだったのでビックリ仰天しました。同じ建物に住む間借り人のガールフレンドが巻き簾を借りに来たのです。

それも呼び鈴をガーンと鳴らすタイプではなく、密かにドアをノックしていたので聞き取れないほどでした。「控え目」と言う言葉がピッタリ似合う彼女は20台後半で、とてもチャーミングです。

直前に簾を洗うと海苔がくっついてしまうので、ちょっと埃っぽいかも知れないから乾いた布巾で拭いてから使ってねと言って手渡しました。

夕方になって簾を返しに来る時も密かな音でノックするので「呼び鈴ありますよ」と教えたら、「お騒がせしたくなくて」と言う返事が返って来て、更に驚きました。この躾けはフランス製ではない!と思いました。

それを裏付けるように、自分で作った海苔巻きを持って来てくれたのです。練習の邪魔をしたく無いと言う気の使い方と言い、お寿司のお裾分けと言い、これは本当に良い嫁さんになれるなと思ったモンペリエっ子でした。

以下が彼女の作品ですが、味も形も様になっています。器用だなと感心しました。中味は鮭と野菜です。

お寿司

人心が荒むばかりの世の中だと思いたくなるこの頃なので、彼女の行動は涼風のようにモンペリエっ子の心を充たしました。その気持ちが嬉しくて、その後すっかり上機嫌になりました。お寿司も美味しかったです!

セヴェンヌ山脈現象

フランス南部に住んでいない人にとって未知の言葉だと思いますが、最近、何処でも何時でもよくあるゲリラ豪雨のひとつに付けられた名前です。海から吹く風が山に当たって豪雨をもたらし、そのまま停滞し、その場で足踏みしながら更に精力回復するので限がありません。

例外的な干害続きで干上がっていた川が即座に大波に覆われ、信じられないほどの速度で住居、車を押し流します。つい最近川の水位を自分の目で確かめたばかりなので、驚きは格別です。

以上はテレビのニュースで放送された写真・ビデオによる観察ですが、現在モンペリエでも雨が降り始めています。稲妻が暗空を照らし、より不気味な雰囲気が生まれています。

鉢植えに水掛していて毎日感じることですが、土は直ぐに乾いてしまうので、急いで仕事を終らせようとすると、水が鉢から溢れてしまいます。ゆっくり土を濡らしながら水掛してあげないと、水が沁み込む暇がありません。

それが大地でも起こっていて、完全に乾き切った土を濡らす暇もないまま、水は重力に従って流れ去ります。降雨量が尋常でないと、直ぐに洪水になってしまうのはそのせいですね。

舗装された道路、広場、住宅、全てが邪魔になって、大地は折角の降雨を利用する暇もありません。森林、草原、その他、スポンジのように雨水を吸い込んでくれる場所が無くなると、水は大地の表面を滑るだけで水源を潤す暇もありません。

ブルターニュ地方でよくあるような(今でもあるのか?)小雨が続かないと、青々とした大地なんて望めません。日本の田植え後の瑞々しい緑色が目にこびりついたままのモンペリエっ子です。

2日続きのヴァカンス気分

今帰宅したところですが、とても素敵なコンサートでした。国家及びヨーロッパ遺産の日を祝って、普段入れない歴史的建造物などを訪問出来るはずの週末ですが、大衆が集まる無料の催しは全てキャンセルになり、記念日を祝うコンサートだけが維持されました。

コロナのせいでちょっと鬱陶しい雰囲気の昨今ですが、オケ関係の女子仲間3人が集合して、コンサート+レストランの楽しいお出かけの日にしました。おかげで、昨日に続く2日目のヴァカンス気分を味わったモンペリエっ子でございます。

何でも良いから、楽しいことを教えて!が最近のモットーと言うかスローガンです。それが憂鬱に利く一番の薬だと思います。皆様も嬉しいことを追いかけてくださいね。

今日は綺麗なヴィオラの音を聴きました。自分がヴァイオリンとヴィオラの間で迷った理由が分かります。聴き慣れた音域であることと、容易く手に入ったからと言う理由で、とりあえずヴァイオリンで運試しして見ますが、何時か昔の恋に戻ることになるかも知れないと思う宵でした。

明日から雨の予定なので、仕事に没頭できるかなと期待しています。遊び歩くのも、仕事に耽るのも、どちらも同じくらい好きなモンペリエっ子なので、今から舌なめずりしています。

短くても、休みがあると、仕事再開がより嬉しくなります。

次のコンサートはオペラ「セヴィリアの理髪師」です。本日切符を手に入れましたが、詳細は後日報告しますね。